読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反骨と異端

やどかりアウトロー編

がんばれ!アサヒ芸能 TSUTAYA傘下で絶体絶命

山口組 溝口敦 神戸山口組 アウトロー

bunshun.jp

そんな渡瀬恒彦、渡哲也をして「俺より弟の方が強い」。渡哲也といえば「西部警察」の団長など、無敵キャラのイメージである。それよりも強いのだ。

超武闘派として知られ、山口組の組長にまで上り詰めた竹中正久、その実弟で同じくヤクザの竹中武を、溝口敦は「竹中正久以上に正久的な男が竹中武だ」と評した。それをもじれば「渡哲也以上に哲也的な男が渡瀬恒彦だ」。

これを意外におもうひとは多いに違いなく(だからわざわざ「芸能界最強伝説」が記事になっている)、それは「人をホロリとさせる世界に入っていった」ことの賜物だろうし、またそうした意外性なり二面性なりが渡瀬恒彦の魅力であったろう。

 

アサ芸と社会の多様性と

ところでくだんの溝口敦、もともとは徳間書店の編集者であった。徳間といえば先週、TSUTAYAの運営元のCCCが買収の方針を固めたと報じられる。それをうけての今週の文春は、「『がんばれ!アサヒ芸能』TSUTAYA傘下で絶体絶命」と題して、徳間の看板雑誌・アサ芸の行く末を心配する。

 

アサ芸の元編集長・佐藤憲は09年に催された週刊誌編集長を集めたシンポジウムの席で、「ウチの顧問弁護士から、私はいつも怒られている。『君の記事には公共性と公益性のカケラもない。これをどうやって裁判すればいいんだ』」(注1)と言って、笑いを誘っている。

そんなアサ芸にだって、もちろん存在意義はある。おなじシンポジウムで、おなじく実話系週刊誌の週刊大衆、大野俊一は次のように発言する。「『週刊大衆』はなんのためにあるのか? と聞かれたら『我々の生活が多様化するためにある』と答えている」(注2)。「『週刊大衆』が今日も元気に売られていることは、多様で豊かな社会であることの証明です。だから、1年に1冊くらいは買っていただきたいなと。その1冊が社会の多様性を担保するものなのですから」(注3)。

これは週刊誌全般にいえることだろう。なもんで、社会の多様性のためにも、がんばれ! アサ芸。

 拙ブログも、公共性と公益性のカケラもないエントリを飛ばしまくっていますが、よその世界の浮気者がこんなこと書いていいのかと思いながらも、他に書く人もあまりネットに見当らないので続けています。

山口組分裂に限らず、ヤクザ関係情報は読みたい人は多いし、才気ある書き手もそろってるのに、儲かっているはずの媒体が消えてしまうという嘆かわしい世の中です。

溝口先生も、「溝口先生が雑誌に書いていた頃は〇〇だったよね」という、過ぎていった時代を回想するためのキーワードに変化しつつあるのかもしれません。

秋田書店がアウトロー特化型BL誌をWebで創刊!お前と夜のタイマン勝負!

アウトロー 山口組

おおっこれは期待できそう!

natalie.mu

秋田書店から新たなBL雑誌・カチCOMIが創刊されることが決定した。初夏よりWebにて配信がスタートし、創刊号の表紙イラストはSHOOWAが手がける。

カチCOMIは「お前と夜のタイマン勝負」をキャッチコピーに掲げており、ヤンキーやヤクザなどを取り扱う“アウトロー特化型”のBL誌になるとのこと。続報は公式Twitterなどをチェックしよう。

またカチCOMIは、5月3日、4日に東京ビッグサイトで開催される「SUPER COMIC CITY26」で出張編集部を設け、作品の持ち込みを受け付ける。

 

潜在的需要はあるので実話誌が休刊したり、コンビニ等で販売停止になったりすると残念な気持ちでしたが(売れないのならまだしも、きちんと数字を出していて、固定ファンがいるのに、ヤクザだからダメと国家権力に潰されているような…)webでアウトロー雑誌を創刊するというアイデアは1本取られた感。

 

 

山健組が代替わり? 神戸山口組「抗争のキーマン」の危ぶまれる今後

神戸山口組 織田さんかっこいい

SPAが詳細なレポートをついさっきアップしていたみたいです。

nikkan-spa.jp

「一般人ならいざしらず、ヤクザ同士の喧嘩では、警察や法に頼ろうものなら上から叱責されるのが普通です。殺された高木若頭はヤクザとして生き、ヤクザとして死んでいきました。岡山で活発に引き抜き工作をしていた当事者ですから、こうなる因果も含んでいたはず。組織のためとはいえ、遺族を使って法律で揺さぶりをかけるヤクザらしくない対応には、疑問を抱いてしまう。分裂後、高木若頭と一心同体となって動いていた織田さんはなおさらでしょうね」

(略)

抗争で組織が疲弊しているのは神戸も六代目も同じですが、神戸サイドは時間とともに弘道会の一極支配が弱まっていくと踏んでいるフシもある。下手に動かなくていいという判断でしょうが、すでに資金をため込んだ上層部は少しでも長く親分気分を味わっていたいようにも見える。分裂後に出したような大儀は感じられません。彼らにとって、一日でも長く親分で居続けることが動機となっているように見える。いかにも勢いのあるヤクザ然りとした織田氏の抜擢は神戸山口組の勢いを演出しましたが、今はもうそのフェーズにいないのでは」

山健組内部の人事も、孤軍奮闘する織田若頭代行に影響を与えそうだ。現在、井上邦雄・神戸山口組長がトップを兼ねるが、ここにきて動きがでそうな気配だという。

「この春に若頭人事があり、中田広志・山健組若頭代行が昇格。ほどなく五代目山健組をとるでしょう。織田さんは今、山健副組長と神戸山口組の若頭代行を兼務していますが、五代目山健組体制にはなじまない。このタイミングで兼任を解かれる流れでしょうね」(前出の暴力団関係者)

 

 

 

フジテレビ元記者を書類送検へ

山口組

今朝の「山口組」アラートです。

jp.reuters.com

headlines.yahoo.co.jp

headlines.yahoo.co.jp

ガラスのヤクザジャーナリスト(その1)

鈴木智彦 溝口敦

暴力団関係のルポを書くジャーナリストの中ではトップクラス…ということになっているらしい。私見じゃなくて。

しかし警察のマルボーとか、朝日新聞等大マスコミの極専の記者の顔ぶれと比較すると、なぜにこんなタイプがヤクザジャーナリズムのトップに来ているのだろうと意外性あるな。いや、顔つきの問題じゃなくて、こだわりの強い性格とか。喧嘩するんだろうかこの人。

 

そのうち大御所の溝口某先生が死んだら、「溝口先生とのお別れの会」で鈴木氏が弔辞を読むんだろうか。

(鈴木智彦氏)「故人は僕たちジャーナリストにとってつねに仰ぎ見る存在でありました。つねに勇気を奮い立たせてくれる比類無き存在であり、うっ…そして…ううっ…」

会場のあちこちから一斉にすすり泣く声。なぜかやどかりさんもお別れの会参列。しめやかに焼香。会場は有名侠客も多数。一目見たいとやってきた大勢のネクザ連が会場できょろきょろ。偉大なる将軍様ジャーナリストの逝去によって、ひとつの時代の幕が下りた感。ネクザとはいえ、夢中になってヤクザ記事を消費し、熱心に読みふけった過去の記憶が走馬灯のようによぎる。ありがとう、アサ芸。ありがとう、日刊ゲンダイ。ありがとう、弘道会

 

※「ガラスのヤクザジャーナリスト」(その2)に続く。

経済ヤクザ (一橋文哉/角川文庫)

アウトロー 特殊詐欺

経済ヤクザ (角川文庫)

日本の経済はこうして動かされてきた。政界や一般企業に食い込み、地下経済を自在に操ってきた者たちの姿とは? ハッカー集団「アノニマス」直撃取材など最新事情にも斬りこむ「闇社会経済図鑑」!

 

序章 闇の地殻変動 

第1章 経済ヤクザの興亡

第2章 表に躍り出た闇社会

第3章 復興を粉砕した銃弾 

第4章 ITバブルを喰うハイエナ 

第5章 目に見えないマネーの恐怖

 

※本書は、小社刊の新書『国家の闇 日本人と犯罪〈蠢動する巨悪〉』『人間の闇 日本人と犯罪〈猟奇殺人事件〉』『マネーの闇 巨悪が操る利権とアングラマネーの行方』からそれぞれ抜粋し、大幅に加筆修正した文庫が底本です。

 

関西・関東の二人の巨頭を中心に、日本の経済ヤクザの興亡を覆面ジャーナリストが詳しく解説。彼らが復興利権やITバブルをいかにして我が物としてきたか。表社会とときに対立し、ときに補い合いながら、覇権を築き上げた歴史を明らかにする。

 

一橋文哉…東京都生まれ。早稲田大学卒業後、全国紙・雑誌記者を経てフリージャーナリスト。1995年「ドキュメント『かい人21面相』の正体」でデビュー

経済ヤクザという言葉は知っていますが、実態はよく知りません…という人のための入門書のようです。ハッカー集団アノニマスとか、いったいどこの組織なのか?

あともう1件、ZAKZAKが3ページにわたるレポートをアップしてました。

www.zakzak.co.jp

 

 

 

 

 

山口組>>ジャスティン・ビーバーの怪

ひとりごと 山口組

Googleアラートにいろんなキーワード登録して、毎日1回配信してもらってますが、ほとんどの日は、登録されてるニュースの件数がキーワード「山口組」が圧倒的に多く、その次に「ジャスティン・ビーバー」ときます。

う~ん、やっぱり「山口組」というキーワードには魔力的な集客力がある、ジャスティン・ビーバーよりネット上に公開されるニュース・記事の件数が多くなってしまうとは…これで両組が真向からやりあったら、ネットニュースはどこも「山口組」関係ニュースで埋め尽くされてしまう。

少なくとも私の頭の中では弘道会>>>トヨタ自動車>>名古屋大学…みたいな価値基準があるんで(どういう基準で「>」か?と突っ込まれても困るけど)、マスコミはよく知ってるから、あの手この手で記事にしようとしますね

その他気になるニュースですが…

暴力団組員2万人割れ 若者が背を向ける現代シノギ事情 

東スポです。2万人割れ報道を受けて独自にインタビュー(?)らしきコンテンツを入れて“らしさ”を演出しています。

記事内容よりもハフィントンポストってこんな記事もあるのかという驚き。だから警察発表の数字ってあまりあてになりませんてば。

「共謀」組長、裁判員裁判から除外 正木組銃撃事件、福井地裁