読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反骨と異端

やどかりアウトロー編

可憐なヤクザ女子のための

このごろ1円ライターも人手不足らしい。今朝だけで4~5件くらい「〇〇というテーマで記事を書きませんか?」という求人メールきた。

Welq炎上の件で有名になったが「キューレーションサイト」というと、1文字1円以下で大量にライターを雇ってネットに既にあるコンテンツをパクッて大量に記事を書かせる…というアレ。いまだに健在で、本日も超大手から“医療系記事 書きませんか”というお誘い。

「医療の門外漢にそんな記事を書かせてどうするのかっ」というお叱りはごもっとも、でも読む人がいるというか、ニーズあるからライター募集しているんだろうね。

私もさんざんパクリ記事を書いて小銭稼いだので、他人をとやかく言う資格はゼロであるが、なぜにどの業者も似たような趣旨でキューレーションサイトを作ろうとするのだろうか?美容、コスメ、ファッション、恋愛、不倫、副業、投資、IT、転職、医療系、看護系、海外アーティスト系、…などなど、既視感のあるテーマばかりで、「わっ、こんなキューレーションサイト見たことがない。ちょっと読んでみたい」と思える求人広告がきたことがあまりない。

どの業者も、既にネット上にたくさんあるようなサイトを自分も作りたいと思うみたいで、それがパクリという当然の結果を生む。ネット上にまだ存在していないようなキューレーションサイトを自分が創る!という男気のある業者様募集。

 

【月20万可】アウトロー系キューレーションサイトのライター募集♪

以下詳細です。

・サイトのターゲット:10代から40代までを中心に幅広い世代

・サイトのコンテンツ概要:ヤクザから裏社会、マフィアまで、アウトローに関する情報をヴァラエティ豊かに掲載するwebメディア(SEO記事ライティングの経験のある人募集)

 

・こんな人におすすめ:

ヤクザやアウトローに興味がある。

実話誌にアレルギーが無く、多少人より暴力団に詳しい。

全国のヤクザ女子の素朴な疑問に回答が書ける。

リアルでヤクザやアウトローの知人がいて情報を提供できる。

ネクザ歴が長いが、2ちゃんに書き込むのに飽きた方。

 

記事単価:1記事2000円(1500文字以上でお願いします)トライアルあり。

納品本数やクオリティによっては記事単価上がります。

ライティング未経験者大歓迎!マニュアル完備で具体的なフィードバックがありますから、すぐにあなたも1人前のライターになれます。

記事内容に関する個別のクレームにつきましては、完全に自己責任でお願いします。

 

…という求人見つけたら、私もトライアルに応募してみたいと思うんだけど、企画してくれそうな大手は無いのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

ここにも当事者至上主義

気持ちは分かるんですが、

「この世界、皆、心をもって語っているんで、くだらん」と言われても、誰が本当の当事者(中の人)で、誰がサラリーマンネクザなのか、判別しにくいのは否めません。

当事者至上主義に偏ると、“じゃ、当事者なら真実しか言わないんですね?”という突っ込みもきそうです。

中の人もそうですが、一流の報道機関も過去にさんざんほらを吹いてきたという事実もあります。

「ごじゃ」の一分 竹中武 最後の任侠ヤクザ

Amazonですがまだ表紙がアップされていない模様です。

「ごじゃ」の一分 竹中武 最後の任侠ヤクザ

「ごじゃ」の一分 竹中武 最後の任侠ヤクザ

 

 

「男になれ」と言われ続けた挙句にジャスティン・ビーバーが入れた入れ墨がヤクザ顔負けな件

いまどき日本のヤクザでも顔や首にこんな絵描かないでしょ、と思ったのでメモ。

ジャスティン・ビーバーの場合、デビューから20前までは、

「歌声聴いて女かと思った」とか

「女みたい」

と言われ続けたのがストレスになって逆噴射したような印象。なんでレコード会社が止めなかったんだろう、後生だから顔に入れるのだけはやめておくれ(既に入れている)

私も最初に聴いた時は、聖歌隊のシスターボーイみたいだと…。あの歌声を聴くと、

「ボーイズエアクワイアにいた人ですか?!」って訊き返したくなりますけど、顔よりも声が女みたいなんですよね…女性より音域が高いんじゃないかという。

それが本人的には嫌だったらしいのと、どうもこの人は本気で“アウトローに憧れている”みたいで、敬虔なクリスチャンであると同時にワルっぽい恰好したがる

(ワルを気取っても、歌うと女という…全世界の女を卒倒させた奇跡の高音域)

f:id:ubiquitous2011:20170309190757j:plain

ジャスティンビーバーですが“ふくろうが好き”でフクロウの絵を体に描いたのがきっかけという話ですが、どこなんだろう?!

f:id:ubiquitous2011:20170309190801j:plain

うわ~~向こうの彫り師っていかにもって感じですね

f:id:ubiquitous2011:20170309190807j:plain

ソフトバンクのCMよく流れていますが、首の入れ墨が写ってますよね。

f:id:ubiquitous2011:20170309190815j:plain

マイケルジャクソンとか、アフリカ系であるのが嫌で嫌で、全身の皮膚を外科手術によって漂白するという無謀な行為に出て(早死した)けど、ジャスティンの場合は逆なのよね…。

f:id:ubiquitous2011:20170309190819j:plain

f:id:ubiquitous2011:20170309190751j:plain

口の悪い向きは彼のことを「素行の悪いアホ」という言い方をするけど、天使のような美しい容姿に生まれついてこういうわけのわからないことをする“危うさ”がジャスティンビーバーという人の魅力…と言えない…。

「女ヤクザ」と「ヤクザ女子」の相違点

「女ヤクザ」というのは読んで字のごとく、ヤクザがたまたま女だったという感じである。「極道の妻(オンナ)」ではなく「極道オンナ」とか「美女野獣」とか「女増田」という人種のこと。

「ヤクザ女子」は、そこまで際立った存在ではなく、任侠道に興味はあるけど、普通の女子…である。「ニュース女子」とか「カープ女子」という言い方もするけど、視聴者が大右翼とか女子野球チームメンバーではなく、たんに保守系ニュース見てるだけとか、応援が好きという人種である。

弘道会が怖くない西原理恵子が“暴力は怖い”と若い娘に説教をする不可解

西原理恵子さんって本当によくマスコミ出てくる人だけど(若い娘にhow to successを教えていることが多い)、媒体と空気を読んで「暴力観」がコロコロ変わる人…というイメージしかない。SPAで元組長と組んで連載やっていた記憶もある。

abematimes.com

高須院長:彼女は池田大作先生も大川隆法も司忍も弘道会も何も怖くない。ほんとだもん。

小松アナ:今、列挙したものが怖くないって、無敵ですね。

高須院長:作品を見てください。からかっているから。隆法君と大作君の争いが見てみたいとか。尖閣諸島は司忍と弘道会にやらせるべきだった。組長がそんなこと言ったら九州の組は黙っていないって。

 

www.asahi.com

西原理恵子氏:私の田舎はとても貧しかった。何人もの友だちが、大人たちから本気で殴られていました。貧しさとか、そこからくるどうしようもない怒りとか悲しみとかって、暴力となって弱い者にいくんです。私も将来はボロボロのアパートで男に殴られながら、子どもを殴りながら生きて行かなくちゃいけないのかなと思うと、すごく怖かった。手本になる女性、こんなふうになりたいという女性はいませんでした。

 

“若い女である”という価値はすぐに減価償却で無くなってしまうから、自力で稼げるようにならないとあんたも地獄に落ちるわよ…と言いたいのかもしれませんが、余計なお世話である。現役で上京して私立美大に進学できた西原理恵子に言われたくない。

西原理恵子の場合は自分の過去や業績の都合のよい部分だけを強調するので、よーく読むと“なんか変だな”という論理展開になっていることが多い。

つか、この人、私と年齢そんなに変わらないでしょ。

ムサビってあの頃進学した人、何人も知ってるけど、貧乏人なんかいなかったぞ。全国的に見て実技難関校だから、高校の美術部だけで入学するのは相当に大変である。本当に金なかったら『東京たられば娘』の作者みたいに、「ド田舎公立美大」へ進学するのと違う?

ムサビのグラフィックって入学してからめっちゃ金かかるやん…と普通に思うのだが。油彩専攻だった男性が“学生だった頃は夏休みはともかく、他の期間は一切バイトできなかった。結構、課題しんどいもん。”とこぼしていた記憶がある。

それにデザイン科だったから就職あったし、それ以降、全戦全勝で今の勝ち組の西原理恵子がいるのかもしれないが、そういう経歴を誇っても、仕方ないんじゃないかな~~。バブルだったし、今と20年前じゃ若い人の状況は違うだろうし。今の若い娘は「寿司おごれ」なんて思ってないかもしれない。

 

西原さんにとって、「暴力」とは絵画の技法みたいなもので、自分を特別な人間に見せかける一種のテクニックであろう。メディアの魔法によって、「暴力」というマチエールが効果的に働き、西原理恵子をとてつもない陰惨な苦労を乗り越えてきた特殊な女性…のように見せかけているのだが、個人的には別にって感じである。

少なくとも西原理恵子が本気で “暴力は怖い、なるべく近づきたくない、カタギ一筋”というタイプでないことは、彼女の仕事を俯瞰してみると一目瞭然である。

しかし世の中には理不尽な暴力に苦しみ続けている人も少なからず存在していて、西原理恵子のような存在はそういう被害者・犠牲者にとっては何の救いにもならないばかりか、連帯する気もないのに同じ苦労をしてきたような顔をしている女にしか見えないだろう。

 

 

愛の告白

本日更新

www.nikkan-gendai.com