反骨と異端

アウトローは文化だ

鈴木智彦

我々はなぜ、潜入取材に挑むのか

blogos.com www.asahi.com www.shimotsuke.co.jp

似てないふたり

一時期から、逆説の接続詞に「が、」を多用するのは故意で、昔の溝口敦の文体オマージュです。が、誰も分かってくれない。いいの。いいんだ。自己満だから。 — 鈴木智彦/SUZUKI TOMOHIKO (@yonakiishi) 2017年7月7日 不思議に似ても似つかぬ溝口さんと鈴木…

ガラスのヤクザジャーナリスト(その2)

潜入ルポ ヤクザの修羅場 (文春新書) 作者: 鈴木智彦 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2011/02/17 メディア: 新書 購入: 3人 クリック: 105回 この商品を含むブログ (21件) を見る kindle版で読んだので、引用しようにも本が手元にない(読了したらすぐに…

ガラスのヤクザジャーナリスト(その1)

熱が39度くらいあって寝ております。編集から電話がかかってきたので、俺の風邪声聞かせたる!と勇んで出たら、極めて普通なバリトンボイスが出てしまい、「ほんと風邪なんだよ!熱出てるんだよ!」ときょどってしまった。— 鈴木智彦 TOMOHIKO SUZUKI (@yonaki…