反骨と異端

アウトローは文化だ

(萩原博子さん)「マイナス金利でも定期預金でOK」

f:id:ubiquitous2011:20160212154322j:plain

…といった趣旨の記事が田舎新聞に出ていましたので、フォロー。

 

「投資経験が少ない人は焦って動かず、様子を見たほうがよい」

 

「巨額のお金を運用するプロの投資家に対して、情報や経験で劣る個人が儲かる可能性は一段と低くなっている。特に金融知識の少ない高齢者がお金を失うことが心配だ」

 

銀行が個人から口座手数料を取ることを心配する人もいるが、萩原さんは真っ向から否定する。

「そんなことをすれば、大口の預金者が一斉に引き揚げ、投資信託などに誘導できなくなる」

「投資するのは日銀がデフレ脱却宣言をしてからでも遅くはない」

 

 

…という結論です。

焦って投資するよりはまだ地銀に定期預金しておくほうがよほど安心かも。