反骨と異端

アウトローは文化だ

反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」(著) 草薙龍瞬

 

昨年kindleで買ってざっと読んで、“なんてすばらしい本!”と感激して(プロブロガーが勧めていた記憶がある;)紙で買って、今3回目だけどまた読み返しているところである

Amazon法話ランキング1位をぶっちぎっているらしいが、本当に“仏門入門”にはよい1冊である。

 

ブッダについて新しく知ることが多かったが、現実にブッダの思想を活かすにはどうしたらいいか?という点について分かり易く説いてあります。

 

バカに反応すると消耗するのである。それはよく分かっている。しかし言い返さないとまずいような気がして、言い返してしまう。バカは放置しておけば自滅するのだが、自滅を待てないのである。その繰り返しで消耗しきっている人には本書はお勧めである。

 

本書によく引用されるブッダの言葉が味わい深い。

ブッダはバカにバカにされても、決して言い返さない、無反応の人だったようだ。ブッダに言わせれば、「侮辱されたからといってカッとなって言い返す」のは、「反応することで相手の言葉を受け取ること」と同義であり、それは自分の心を乱すことであるから、「反応しない」というのである。

著者は仏教の目的とは「苦しみの無い心」であると説く。

言い返すとか、反応することを「しない」練習を積むことで、今より消耗しない、活力ある人生が取り戻せるはずである。

 

反応しない練習  あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

 

  1. 記事IDをご記載下さい。 ※必ず半角英数字で記入してください

BY-0040

  1. 指定KWをご記載下さい。 ※各KWは「、」で区切ってください! 例)「商社、営業、転職、」

「忘れるために」

  1. タイトルを作成してください。 ※必ず各指定KWを全て使用してください。

忘れたいことを忘れるためにどういう工夫をしたらいいの?

  1. リード文 導入文を書いてください。 ※文中で全KWを1回以上ずつ使用してください。

誰でも嫌なこと、思い出したくないことはたくさんあります。いつまでも記憶に深く刻まれている場合もあります。忘れたいことを忘れるためにどういう方法が効果的なのでしょうか?

 

  1. 段落1.見出しタイトル

忘れたいことを忘れるためにみんなどうしてるの?

 

  1. 段落1.見出し本文

忘れたいことをその日のうちに忘れるためにはどうすればいいのでしょう?パソコンみたいにさっと初期化できたらどんなに生きるのが楽だろうか?と思ったことはありませんか。特に仕事のミスや職場の嫌な人間関係は、帰宅しても退職しても、トラウマと化して記憶に残りがちですよね。特に女性は仕事方面の憂鬱な気分を引きずりがちです。

 

  1. 段落1.小見出しタイトル

規則正しく生活をする

  1. 段落1.小見出し本文(見出し本文のより具体的な内容や別例について述べてください)

 

何の関係もないようですが、不規則な生活をしている人よりは、規則正しい生活をしている人のほうが気分の切り替えが上手な人が多いようです。忘れたいことを忘れるためには規則正しく生活をして、なるべく他人との接触時間を増やすほうが賢明なようです。仕事の時間、通勤時間、趣味の時間、就寝とつねに目の前のことに集中しましょう。

 

 

  1. 段落2.見出しタイトル 

職場の人間関係を忘れるためには?

 

  1. 段落2.本文

どこの職場にも怖い人や意地の悪い人がいますが、嫌な人間関係を忘れるためにはどうしたらいいのでしょう?まず嫌な人と一緒に働かなければいけないのは仕事の内だと割り切ることです。プロなのだから個人的な感情は切り離す必要があります。あんな人と一緒なのは嫌だと陰口や悪口を言っていると、人間関係はギクシャクしてきます。

 

  1. 段落2.小見出し

嫌な人間関係の捉え方を変える

 

  1. 段落2.小見出し本文(見出し本文のより具体的な内容や別例について述べてください)

会社に、顔をあわせるのも嫌だという人間がいたら本当に疲れますよね。でも「なぜ自分がその人のことがそれほど嫌なのか?なぜ相性が悪いのか?」という点について考えてみれば、自分にも反省すべき点があるかもしれません。帰宅したら瞬時にその人を忘れるためには「相手を恨まない、深く関わらないようにする」のもコツです。

 

 

  1. 段落3.見出しタイトル 

嫌な気分を忘れるために「歩く」  

 

  1. 段落3.見出し本文

仏教では、嫌な気分から解放されるため、過去にあった落ち込むような出来事を忘れるために「歩く」ことを推奨しています。落ち込んでいる自分・悩んでいる自分を自覚したら、毎日10000歩と決めて、無心に歩く。無理に忘れよう、前向きになろうとしてもなれないですから、ひたすら歩くほうがメンタルにも体調にも良いでしょう。

 

  1. 段落3.小見出しタイトル

「歩く」ことは修行の基本

  1. 段落3.小見出し本文(見出し本文のより具体的な内容や別例について述べてください)

心を穏やかにして生活をするために、仏教では全身グダグダに疲れ果てるまでひたすら「歩く」修行もあります。独りきりでポツンと落ち込んでいるよりは、忘れるために足腰を使うという仏教にはマニュアルがあるのです。足腰をしっかり酷使すると疲れてその晩はぐっすり死んだように眠れますよね。深い睡眠をとることで健康も回復します。     

 

  1. まとめタイトル ※指定KWを全て使用してください

忘れるために書き出す

 

  1. まとめ本文 ※指定KWをそれぞれ1回以上ずつ使用してください

ノートを広げて、忘れるために忘れたいことを書き出すこともお勧めです。ノート1冊分、ありとあらゆる視点から今の悩みを書き出してみるのです。同じことを何度も書いてしまっても構いません。自分で手を動かして書き出すという作業は、自分の気持ちや感情を整理して次へ前向きに進むための原動力になりうるだけの何かがあるのです。