反骨と異端

アウトローは文化だ

ブログを7年以上続けた私が「やらなくなったこと」  

www.kokoro-fire.com

ホッテントリにまた「ブログで稼ぐ方法」が。

ブログを7年続けたが、自分の場合はあまり稼げないので「稼ぐ」という目的でブログを続けるのをやめた。

もちろん稼げそうな人は努力するべきだけど、占い師バイトをやっていて、よく以下のような悩みがくる。

「この3か月間、ブログをやっていますが、全然稼げません。PVも伸びないし、ブログはやめたほうがよいでしょうか」という悩み。本当によく来る。

“稼げないからブログはやめます”というのは変な話である。

「ブログ制作がしたい」からブログをはじめたのだろうに、「作る喜び」はどうでもいいから、数字が出ないから、ブログやめますというのは本末転倒だろう。

“他の人だって儲かっていないのだからあなたもブログは続けたらどうですか”と占者として回答すると、ほっとしたような返信がくる。

 

その他、「ブログを7年続けてやめたこと」といえば

・PVやらUUをチェックする(少なくともこの1年くらいは自分のブログの読者数をチェックしてないのでどのくらい読まれてるのか?知らん)

・どういうキーワードでアクセスしてきたか、チェックする(キーワードライティングは「つまらない」と相場が決まっている)

・無料版ではなく有料版でブログを書こうとする(無料版のほうが最低限の機能しかついていないので気楽。有料で書こうとすると、更新が「義務化」するでしょ)

・ブログTOPページにベタベタとアフィなどの広告を貼る(テンプレ交換するときとか面倒なのでやらない)

・他のブログにコメントを書く(コメント欄は炎上の元なので、まずコメントしない)

・ブログを書くために資料本を買う(ブログのために何か買うとかそういうことはしない。読みたい本だけ買って、感想だけ書く)

・「ブログの稼ぎ方」を参考にして“このブログは誰にどういう経路で読まれているのか?”知ろうとする(スマホ仕様にせよ、ということだが、面倒くさい。読めなきゃ読まなくてもいい)

・アクセス数を増やすために、いろんなアクセス分析サイトに登録して、試行錯誤する(面倒くさい)

 

要するに「面倒くさい」と感じることは徹底的にやらなくなって、ブログ更新が気軽で自由な行為になった。

最近では、“勝ちブログはこういう風に書かないといけない”というブログ塾とか、ブログ指南記事をよく見かけるが、そもそも一定以上の収入が出るようなブログが書けるならクラウドワークスで内職したほうがもっと稼げる気もする。挫折したら元も子もないので、勢いこんでブログをはじめたけれども最近更新が滞っている人なら、自身が「面倒くさい」作業は全部カットするという手もありである。