反骨と異端

やどかりアウトロー編

乙武さん「俺を他の身障と一緒にするんじゃねえ」

当初から怪しいと思っていたのは週刊新潮のタイミングで、私ははじめっから自民党内の抗争なのでは…?!”と思っておりました。つまり自民党内に乙武擁立派がいて、その乙武擁立派を良く思わない連中が、週刊新潮利用したんじゃないかとか。今朝のネット記事読んでいるとあながち勘違いでもないような…。

 

bylines.news.yahoo.co.jp

「不倫は悪か?」という話を越えて、乙武さん関係の今回の暴露は、過去20年間、多くの日本人がひとりの身障の青年に騙され続けてきたという点にあると思いますね。

 

「爽やかで誠実でつねにポジティブな乙武さん」は最初からどこにもいなかった、『五体不満足』はいまや義務教育課程の教科書にも採用されている超ベストセラーなんですけど、その教科書に採用された自伝が完全なフェイクだったという。

 

乙武さんが障害者世界全体に与えてきた影響は甚大であり(健常者世界では身障アイドルでも、障害者世界ではあるべきロールモデルORカリスマの類です)、「乙武を見ろ」とか言われて育って葛藤抱えて困ってる障害者も多かったりして。

 

www.xn--n8jvce0l6c.com

五体不満足』を最初に読んだ時の違和感ですが、乙武さんはこれまでの人生で“他の身障と一緒に扱われること”を嫌悪し、なにがなんでも“健常者と一緒”にこだわり続けた…という、身障世界の超少数派ですね。

通常はあれだけの重度障害なら最初から特殊支援学校に通うし、学校側もそれを乙武家に要求し続けたらしいが、乙武家と本人がそれを拒絶したとかいう。学校側にも“怪我させたらどうしよう”とかいろいろ都合があるから、身障差別で「分ける教育」やってるんじゃないと思うけどね。

だから…乙武さんは他の身障との交流体験がかなり少なくて、他の身障がどれくらい周囲に気を遣って、つつましい暮らしをしているか?まったく無知なんだと思いますね。乙武さんは政界の前にウィングルに通ったほうがいいですね。

 

“俺は他の身障と違う”という自意識と、“こういう頑張る俺を健常者世界は全面的に支援するべきである”みたいな。乙武さんみたいに欲が深いわりには、障害者アイデンティティも強い人は、ウィングルで人格矯正してもらうのが一番いいですよ。

 

arupakahaha.com

 

妻仁美さんにも老父母がいるはずで、妻の老父母から見たら、この娘の婿は絶対に許せない存在じゃないのかとかいろいろ思いますけどね。親から見たらどんな子でも宝物である…というのは、乙武親だけじゃなくて、妻の親だって同じですよ。乙武母親出てきて謝罪していますけど、知らなかったはずがないんだ彼女が。息子が何をやっているか熟知していて、嫁にやらせていたこのBBAも相当なタマである。

zasshi.news.yahoo.co.jp

「政治家としての能力が大事なのであって、異性関係に潔白でなくてもよいのではないか」という意見もあるようですが、それなら政治家の能力とは何か?と逆に問いただしたくなります。こういう意見を持つ人は衆院と参院のちがいすらよくわかっていないのでしょう。

政治家の能力というか資質のひとつに、常識のかたまりのような人間であることという点がありますが、今回の乙武さんの初期対応はあきらかに常識の足りない人の、素人っぽいミスの連続で、逆に炎上を加速したという経緯があります。政治家は常識のかたまりでなくてはいけませんが、清廉潔白であるということとは全く別です。

過去に各国の首脳・閣僚クラスでも女性問題で失脚したという事例はいくらでもあり、「不倫報道だの、女性関係がどうのこうのなんて、政治家の能力に関係がない。政治家は国民を代表して法律をつくり、景気回復させることができればいいのだ」という考え方自体が史実を無視した妄想であるとも言えますね。 

headlines.yahoo.co.jp