読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反骨と異端

やどかりアウトロー編

最低賃金を1500円にしても失業者なんか出ない

blogos.com

 最低賃金を1500円にすると、上がったバイト人件費は商品価格に上乗せされるので、マクドナルドのハンバーガーだって16%も販売価格が上がってハンバーガーが売れなくなって店舗倒産、失業者がたくさん出る論ですが、話はそんなに単純ではありません。

 

・習慣的にマクドナルドで食事しているような消費者層は、最賃が1500円になると、自分の給与も2倍になるので、たとえビッグマックの価格が16%上がっても売り上げは(店舗が倒産に追い込まれるほどには)落ちない可能性が高い。

 

マクドナルドの客単価が1人1回あたり450円前後だから、仮に16%販売価格が上がっても、522円程度になり、それほど割高感がない。

 

マクドナルドの人件費と販売価格だけがよく問題にされるが、本当に最低賃金が1500円になれば、マクドナルドの競合店はすべて人件費が上がる

コンビニも、スーパーも、牛丼屋も、弁当屋も、スタバも、モスも全部が最低賃金が2倍になる。

習慣的にマクドナルドで食事している消費者層にとっては、昼食コストが上がったというだけで、ビッグマックが高くなったからといってコンビニへ行っても、弁当や菓子パンも同じように値上げしている。

昼食コストが16%~20%上がるのが嫌で、食事は自炊する・弁当を持参するような人は最初から習慣的にマクドナルドへ行かない。

 

…といった可能性が考えられるから、最低賃金を1500円に上げても失業者なんか出ないと予測して、米国某州は最賃15ドルに踏み切ったのであろう。えらいですね。

最低賃金は日本でも早急に1500円~2000円台に上げないと、このまま正規と非正規の格差が拡大し続けるとかなりまずいことになるだろう。最賃750円前後で放置しておいて、もっともありそうなのは非正規フルタイムの増加と少子化の加速である。

 

年功序列給なんて高度経済成長のころの賃金形態をいまでも引きずって、賃金原資の中から最初に正社員の年収を確保する…ようなことを続けているので、非正規の賃金が異様に低いという現状において、最低賃金1500円以上という法的な縛りを入れなければ、非正規フルタイムが今後も増え続けていくことで、自立も貯蓄も結婚も不可能な階層が拡大してしまうだろう。

ゼロ成長時代に、年功序列給×終身雇用…なんて無理もいいところなので、年功序列給を最初に廃止してしまったほうがよいのだが、政治的に構造的に不可能っぽい。年功序列と終身雇用は最初から別にして考えるべきで、“終身雇用だが、50歳でも55歳でも60歳でも年収300万円”正社員とかにしないと、正社員と非正規の格差が埋まらないのではないかと思う。