反骨と異端

アウトローは文化だ

国民年金の掛け金は「払わないと損」

老齢基礎年金の受給金額よりも生活保護のほうが多いのだから、国民年金の掛け金を支払うのは損だからやめよう…という書き込みを見かけます。こういうことを書いている人が本当に掛け金を支払っていないのかどうか?気になる点ではあります。

 

しかし「生保をもらえばいいだけだから、年金掛け金なんか支払いたくない」という若い人は増えつつあるのは憂慮すべきです。

 

結論から言うと、現時点では国民年金の掛け金を支払わないと損をします。

 

私はこれまで“無年金障害者”の方と何人もお会いしてきたのですけど、「大学院時代に少し掛け金を支払わなかっただけで、年金受給資格がなくなってしまった」という方もおられて超お気の毒でした。

中高年になって不慮の事故に巻き込まれて中途障碍者になる人なんて大勢いるわけですよ。今の障害基礎年金レベルの手厚い保障は、民間にはとてもとてもできません。というか、地球上を見回しても、日本の国民年金ほど手厚いサービスは存在しないと断言してもよいくらいです。

 

仮に今の日本の若い人たちが、年金掛け金を支払わなかったとしても、日本政府は困りません。国にとって年金は国民に対する“債務”であって、「掛け金を支払わない若い人が増える」イコール「国民の権利をみずから放棄してくれている、ありがたい存在」です。みずから“将来年金を受給する権利を放棄してくれる人”が増えれば増えるほど、国の思うツボです。

 

もっと言えば生保は憧れるような制度ではありません。あちこちで差別されるし、家の中から自由に出られなくなるかもしれませんよ。生保を受給し始めてから、病気などが快復して「さあ、働こう!社会復帰だ」と言っても、前科者と同じで、就職においてもかなりの差別が存在していますので、復帰しづらいですよ。