読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反骨と異端

やどかりアウトロー編

ヘリコプターマネーで定期預金は“蒸発”

www.bloomberg.co.jp

ヘリコプターマネー(以下“ヘリマネ”)はマイナス金利以上にわけのわからない政策です。

 

緩和しても物価が上がらないことに業を煮やした安倍さんがヘリマネ5兆円を実施するのではないか…という危惧が一部で出てきています。

 

定期預金に限る!派はさすがに運用方針を考えたほうがよいでしょう。

 

ヘリマネでドル円1000円なんてまさに藤巻さんの世界です。ただ…藤巻さんでもその最も言いたい放題だった時代にドル円300円~500円くらいの水準だったことを考えると、ドル円1000円が民間金融機関の著名エコノミストの口からささやかれるようになった今は…う~む。

 

ヘリマネでドル円1000円になったら世の中はどうなるか?!と言いますと、定期預金にしている1000万円の価値は10分の1以下になるでしょう。

世の中に流通させるお金の量を増やすわけですから、当然お金の価値は落ちるところまで落ちていきます。

 

逆に外貨、株式を持っている層は、何もしないでも資産が増えるでしょう。

ドル円1000円ですから、今1000万円分の株式を持っていれば、ヘリマネで資産1億円の富裕層になる…とまでは言えませんが、使い道のない金が株式市場に向かって流れたと仮定すれば、株式の価値が数倍に上がってもそんなに意外ではないでしょう。ヘリマネ富裕層…かっこいいじゃないですか。

 

なぜにヘリマネか?!というと、日本の場合は、緩和しても緩和してもお金を遣わないからです。国内をマネーでざぶざぶにしてもみんな貯金ばかりして、市場にお金が流れませんから、景気はほとんど回復しません。ヘリコプターマネーで強制的に貯金を取り上げて、市場に流すという手でしょう。

jp.reuters.com

 

定期預金の利回り小数点二ケタ以下に白熱するよりは、こちらの方が心配じゃないのかと思うけど、次の選挙でも自民支持がインデックス派には多いのでしょうか。