読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反骨と異端

やどかりアウトロー編

ヘリマネ成金になる方法

ヘリコプターマネーでドル円1000円になったら勝ち組と、すっからかんになる人と二極化しそうです。

 

①勝ち組になる人…外貨や株式を数千万円分は保有している人

②すっからかんになる人…定期預金で老後用の資産の大半を保有している人

 

ドル円1000円になればイヤでも物価は上がる→賃金はそれほど上がらない→イヤでも貯金を崩して生活を維持せざるをえない→銀行預金が市場に大量に流れだす→さらに物価は上がる→さらに銀行預金を崩さないと生活できない→老後用の貯金がすっからかんに

 

①外貨や株式を数千万円分は保有している人は、だぶつくお金が株式市場に向かうことが予想されるし、ドルを大量に保有していれば今はドル円が111円ですが、1000円になれば900%以上の値上がりで、あっという間に富裕層です。

 

ただ…ドル円1000円の局面で個人金融資産1億円と威張っても、“タクシーの初乗り33万円”とか、ちょっと捻挫して病院で診察受けたら“診療代 レントゲンプラスで200万”になっている可能性も。ハイパーインフレというか、あとはデノミしかありません。1億円がいまの1千万円くらいの価値しかなくなってるんじゃないでしょうか。

 

マイナス金利でも大して実体経済に効果がないので、次はヘリマネ、“ヘリコプターからお札をばらまけば景気は回復する”と、『日経マネー』も来月は

「ヘリマネ成金特集 ドル円1000円のトレンドに乗り遅れるな」

「円がジンバブエ・ドルになる日」…と特集組めば売れるかも。