読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反骨と異端

やどかりアウトロー編

webライターの今後の行く末

www.lancers.jp

記事を読んでから考えこんでしまった。

これって“今後の行く末はGoogle次第”ってことではなかろうか。

今は「月収○万!やった!俺もプロのライターだ」みたいな感じだけど、Googleが今後、また新しい検索システムを開発したら、今の世の「webライター」はシステムが変化したことで“一掃”されてしまう可能性もある。

今のwebライターっていうのはほとんどが“文章の質を問われない、SEO記事を書いている”という層ではなかろうか。

ライティングの仕事しかできなくて、今は月収○万でも、そのうちにGoogleがまったく新しいコンセプトの検索エンジンやらアルゴリズムやらを開発したために、今のSEOライターという職種そのものが不要になってしまう危険性はないのだろうか。