反骨と異端

アウトローは文化だ

財布のえらびかた

数年前に「稼げる人は安物の財布は買わない」「自分が財布を買うために支払った金額の200倍があなたの年収になる」という本がベストセラーになったことがありました。

著者が言わんとしていることは「長財布でなければダメ。二つ折りの財布にお札を折り曲げて入れるのはお札がかわいそう。お札はきちんと向きをそろえて入れる」「高級ブランド財布でなければダメ。年収1000万円になりたいのなら5万円以上の財布を買いなさい」「小銭入れは別に持ち歩きなさい」…ベストセラーになったので、実行した日本人は男女問わず多かったようです。

しかし高級ブランドの5万円もするような財布はほとんどが「重たい」です。特に男性向けではなく、女性向け財布はかなりの重量級になってしまいます。

 

A子さんは5万円もしませんが、1万円弱の海外ブランドの長財布を買って使用することにしました。気のせいか仕事もうまくいきはじめたようです。

しかし本革製のその財布は、お金やカードを入れるとパンパンになってしまい(女性に人気がある海外ブランドの財布はこういうタイプが多い)、ちょっと会社の昼休みにランチに出かけたり、休みの日にスーパーやコンビニに出かけたり、小さめのバッグに入れて持ち歩くと、「財布が重くて肩が疲れる…」こう感じる日もあったようです。女性はバッグの中にいろんなアイテムを入れて持ち歩くので、本音を言えば財布は1gでも軽いほうがありがたい。

 

A子さんはある日、雑貨店で1980円で売っていた小さな財布を衝動的に買ってしまいました。本音では「軽い財布のほうが何かと気が楽」とずっと思っていたそうです。

試しにキッチンスケールで測ってみると…海外ブランドの長財布は400グラム以上、1980円の財布は50グラム程度でした。

 

軽やかな気持ちで生活できることを最優先して財布を選んでも、それで金運や仕事運が停滞する…ということは無いでしょう。むしろ金運を意識してパンパンの豚財布を抱えて歩いているほうが、気持ちまで重たくなるのであまりオススメしたくありません。