反骨と異端

アウトローは文化だ

「中高年未婚者」老後の不安、最大は生活費不足 次点は健康

毎日新聞2016年6月11日に記事が出ていました。

 

40〜50代の未婚者は「老後の不安」として生活費の不足を挙げる人が最も多く、次いで健康に関する不安も大きいことが民間団体の調査で分かった。寝たきりになった際の介護や認知症への不安を挙げる人は男性で30%、女性で42.5%に上った。近年の生涯未婚率上昇で中高年の未婚者が増える中、経済と健康の両方に将来不安を抱えている様子が明らかになった。調査は、在宅介護など高齢社会の問題を研究する公益財団法人「ダイヤ高齢社会研究財団」が今年1月、インターネット調査で40〜59歳の未婚者3000人(男性1945人、女性1055人)を対象に老後の不安や結婚観などを調査した。

 

老後の不安について複数回答で尋ねたところ、最も多かったのは「生活費の不足」で、男性が56.9%、女性は65.3%に上った。これに「健康的な生活ができない」(男性36.1%、女性37.6%)、「寝たきりなどの場合の介護・認知症」が続いた。

「独身生活の欠点」として、男性の38.9%、女性の37.4%が「病気になったときの不安」を挙げた。「特にない」との回答も男性で24.1%、女性は16.3%だった。

 

「30歳時に結婚したい」と考えていたのは男性で52.4%、女性は46.7%。結婚願望があるにもかかわらず、結婚できていない現状が浮き彫りになった。また、現在の社会保障制度や税制が「未婚者に不利」と答えたのは、男性の51.7%、女性は65.5%といずれも過半数を占めた。

 

 

 

中高年未婚者にとって不安を持っている要素が(とても強い)>(強い)で見ると、「生活費不足」>「健康」という内容であります。これは2016年時点の話だから、また20年後はさらにこの不等式が強化…されていないことを祈るけれども。

“婚期”という言葉が死語なので、不安があるのなら中高年からでも婚活をして誰かと一緒に暮らす…という選択肢もあるのでしょうが、中高年になるとどうもね。子供を産むわけでもないのに籍を入れることのリスクばかりに目がいくのよね。