読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反骨と異端

やどかりアウトロー編

EUとはドイツ帝国ですよ

blogos.com

 

小林よしりん先生が絶好調です。EUの正体について分かり易く言及してくれているのでメモ。

 

メルケルが女性だから誤魔化されているのかもしれないが、EUは欧州諸国の平等な連合ではない。EUはドイツ帝国と見た方が正確だ。ヨーロッパを統一しようというドイツの野心は第一次大戦、第二次大戦を通じてもはやDNAレベルに達しており、EUという建て前の理念と、ユーロという共通通貨によって、ついに3度目の野望で、ドイツ帝国の完成目前になっているのだ。(略)

しかしドイツは大したものである。日本と同じ第二次大戦の敗戦国だが、核も持たずに、脱原発までしながら、アメリカの軍事力を利用しつつ、アメリカと対峙する帝国を目指している。国民性は日本人と似ているのに、確実に違うのは奴隷にまでは堕ちていないところだ。日本はたった一度の絶望で骨抜きだが、ドイツは二度の絶望でも立ち上がる。

 

よしりん先生、エマニュエル・トッドに似てきた感あるけど、先進国の知識階層はこういう危機意識を共有しているのだという気もします。

 

 

 

閑話休題

何が気になるかってもちろん最近の六代目山口組です。

気になるツイート;

 

あの六代目すごい男前ですよね。極道の世界も顔社会みたいですね。これ↑↑で70歳ですからね。

 

 

ネット銀行に口座をつくる際に、ヤクザですと正直に言わなかったという刑らしいですが、なんか警視庁もせっぱつまっているというか。。

 

 

初代から六代目まで通して眺めると、あの六代目だけが例外的に美しい人なのであって、先代は(六代目に10年前にクーデターで倒された人)なんかなあ…。「修羅場と死の覚悟で人間が磨かれた」の部分、先代は個人資産100億超の銭ゲバだし、今回の分裂劇も六代目の利己主義(上納金とりすぎ)が原因って神戸山口組の人が書いてたしな。組長自分だけ年収10億で、地方のヤクザはピーピー言ってるのがいたたまれないから、山口組100年目の分裂…みたいな。

舛添さんのほうがスケールがちまくてせこくてまだ可愛いですよ(別に死者も出てないし)。

 

神戸山口組の上層部、井上さんですが、

「当然返し(返報)はあるものだ」…と全世界が思っていた(今でも思っている)から、神戸山口組が「返しをやらない」のに驚いた人もいると思うけど、返しをやらない・反応しないことで井上さんの本気度がわかるような。。

(あくまで私見ですが)双方とも返しはないんじゃないかという気がします。今回は協議離婚という説がいちばん説得力があるような。

 

マスコミに儲けさせるためにヤクザが戦争やるのは高度経済成長期の「花火」みたいなものでした。

ゼロ成長時代には抗争が地下に潜るというか、ま、今後気になるのはさらに名古屋本部が分裂してしまうのではないかという懸念。

企業だって役所だって、規模が大きくなりすぎたら、自然に割れてくるでしょ。ヤクザもそれと同じに思える。平和的分裂。

石原伸司氏が激白!山口組分裂の核心