読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反骨と異端

やどかりアウトロー編

「金がうなるほどある」より「仕事が山ほどある」ほうが楽しい

www.ikedahayato.com

「お金がうなるほどある」のは有り難いこと…ですが、個人的にはどっちかというと「仕事量がふんだんにある」ほうが嬉しかったりします。

新しい仕事の話がくれば嬉しいし…ってもう受注できないほどにステイタスぎうぎうなんですけど;

 

“お金”とは突き詰めれば「データ」ですから、ネット証券にログインしてデータが表示されても、心が満たされるとか、新しい展望が予感できるとかそういうことはなく、それはそれだけなんですが、

 

自分の能力でこなせる仕事量が山ほどある…というのは、自由な気持ちになります。ふむ。…といっても毎日「納期のドミノ倒し」になっているのですが;

 

その山のような仕事を完遂すれば、また別の自分が見えてくるでしょうし、“やっぱり仕事は無いとまずいなあ”と思うのです。

 

セミリタイアカテゴリに登録しているのですが、セミリタイアって結局「正社員を辞め」た人のカテゴリで、「金銭をもらうための労働を辞めた」人のことではないですよね。セミリタ決行した人だって、“やってみたい仕事があったら足を突っ込んでみたい”と考えている人が大半ではないでしょうか。