反骨と異端

アウトローは文化だ

Kindle Unlimited「様子見」にする理由

www.ikedahayato.com

Kindle Unlimitedですがとりあえず「様子見」モードです。

ネットの一部では“電子書籍 とうとう読み放題”とか書いてありますけど、読み放題無料じゃないですからね。月1000円弱かかるわけですから。

月1000円定額出費をなめたらあかんぜよ、DISCUSも月1000円ちょいだけど、“しんどいな…出費辞めたいな…休会しようかな”と思うこと実はあるよ。

 

とりあえずKindle Unlimitedですが様子見にする理由とは

 

Amazonで発売しているkindle本のすべてが対象ではない。

②すでにkindle本は割安感があるので、“もっと値段下げろ”と言っていく気持ちが(少なくとも私は)弱い。

③毎月固定で1000円取られるのはしんどい。

④読み放題になってしまうと、買った本を読まない可能性が高い。買った本でも読まないタイトルが増殖しつつあるのが頭痛いのに…。

⑤しかし原書(洋書)ももちろん読み放題に含まれているのであろうから(そもそも米国でスタートしたサービスゆえ)将来的にKindle Unlimitedに入る可能性はある。

…などでしょうか。

はじまったばかりのサービスに飛びつくとあまりいいことがないし…と思案中。

 

Kindle Unlimited には30日間の無料体験もありますから、洋書をよく読む人は読みたいタイトルを事前に調べておいて買いまくると、本代ががくんと減るでしょうね。

kindle洋書は20%ポイントセール対象外なので。

 

でも1年間で遣う本代…なんて、ビブリオフィル(「本の虫」のこと)の私でも大したことないんだから(節約したくない項目)、その本を買って本当に読むのかどうか?が問題であり、自分で1冊1冊選んで、お金を支払ったことにしないと、完読できないような…特に洋書の場合は。