反骨と異端

アウトローは文化だ

リッチ層は服装にお金を遣う

news.livedoor.com

 

…という調査結果が出ていましたのでメモ。しかし“リッチ層”という言い方はなんとかならんか。  

ザ・ゴールは8月9日、「リッチ層」意識・消費行動調査の結果を発表した。調査は3月22日~25日、リッチ層(世帯年収が2,000万円以上かつ金融資産5,000万円以上)600名、一般層8,687名を対象にインターネットで行われた。

 

金融投資(株式・債権・FX)を行っているリッチ層は38.0%、今後積極的に投資を考える銘柄は「国内株式」(38.2%)。「リスクを冒してもハイリターンを望む」はリッチ層で30.3%、一般層で9.5%、「金利は低くても安定性を求める」はリッチ層で44.0%、一般層で77.8%だった。

(略)

「ファッションは自己表現に欠かせない」はリッチ層が48.0%、一般層が14.1%、「ファッションにお金をかけることに抵抗がない」はリッチ層が33.7%、一般層が7.5%だった。またリッチ層の百貨店外商利用率は35.8%。「値段が高くても品質の良いものを買う」はリッチ層67.5%、一般層20.3%、「品質を見る目に自信がある」はリッチ層39.2%、一般層10.5%、「買うなら有名ブランドにしたい」はリッチ層34.7%、一般層9.0%となった。 

 

「リッチ層の方がその他の階層よりも、リスクをとった運用をしている」という指摘ですが、インデックス村では聞き飽きた話でしょう。

「服に金をかける人は富裕層に多い」という話ですが、ま、職場の人と同じくらいの価格帯の服を着ていないと村八分にされるとかありそうです。そういう恰好をしていないといけない環境ってあるからね。

「つまんない服を着ているとつまんない人生になる」という漫画のセリフをこのごろよく思い出します。『されど女は服で変わる!』というタイトルもあったな。

 

しかしこの調査結果だけを真に受けて「富裕層は服装に金をかけるのだな」と考えるのは拡大解釈すぎです。この調査結果の「リッチ層」とは世帯金融資産5000万以上ですから、アッパーマス層~準富裕層です。アッパーマス層で終わる人、準富裕層で終わる人、富裕層以上になる人…では、支出の習慣はかなり異なると思います。