読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反骨と異端

やどかりアウトロー編

個人消費が喚起されないのはみんな貯金しているからでは。

headlines.yahoo.co.jp

 

個人消費を喚起するため、政府や経済界が月末の金曜日の午後3時に退庁・退社し、夕方を買い物や旅行などに充てる「プレミアムフライデー」構想を検討していることが12日、分かった。(略)

政府は2020年をめどに名目国内総生産(GDP)の600兆円実現を掲げている。経団連は、実現には現在300兆円にとどまっている個人消費を360兆円に引き上げることがとみている。プレミアムフライデーは、早い時間での退庁・退社に合わせて夕方に流通業界や旅行業界、外食産業などが連動してイベントを開催するという内容。 

 

…話が逆になっているといいますか、

 

「現在300兆円にとどまっている個人消費を360兆円に引き上げることが欠かせないとみている。」って言ったって、個人消費が伸びないのは若い男女がお金を遣わないからで、若い男女がお金を遣わないのは、先行きが不安だから貯金に回しているからでは。

若い人も若くない人も、安心して稼ぎを消費に回せるムードの世の中…ではなく、個人が「消費して内需に貢献」という気持ちはゼロに近いと思う。消費させるために早退させるっていかにも役所的ですけどね。

そもそも資本主義というのは「個人が金銭に執着して貯めこむ」という可能性を想定していない。政府があれだけばらまいて、なお経済が立ち直らないのは、貯金志向が強すぎるから。

日本の場合は内需がメインなので、内需がしぼむと景気は一向に回復せず沈み込んでいくばかりで、国のトップの意識と、大衆の意識にかなりのずれが生じているような。