反骨と異端

アウトローは文化だ

そういえば厚生年金が10月に大きく変わるよね

今年の10月から週20時間以上のアルバイターやら非正規やらも厚生年金に加入しなければいけないという義務が企業に課されることになりました…という話ですが、企業残酷物語というか、地方の中小零細なんて大丈夫ですかね?いくら報酬比例ゆうても、会社と使用者(労働者)で50%づつ厚生年金の保険料を負担する(って今は17%くらいですか?) 

これって本当に企業によっては人件費どうする?って話で。

社会保険負担が企業に課されない、クラウドソーシングにいかにして仕事をシフトするか」が死活問題になりそうな気もします。 

逆にクラウドワーカーにとっては大チャンスです。

企業に人件費コストが増える年金制度改悪というのは、言ってみれば大量の仕事がネットに流れてくることだから。

 

安倍ちゃんも“一億総活躍社会”と言いながら、こういう「週20時間以上のアルバイトは正社員と同じレベルの社会保険料率に近づける」とやっているわけですから、やっているのは厚労省だが、 

企業はこの先は非正規や週3日のアルバイトを雇うのも苦労するようになるよね。派遣で間に合わせるって言ったって、結局派遣元の負担になるし、あまりにもブラック環境だとすぐに若い人は逃げるし。安倍ちゃん政権になってから、在職高齢者年金制度もそうだが、働きたいという人の労働意欲を「削ぐ」法律のめじろおしになっていますよね。