反骨と異端

アウトローは文化だ

「NHK貧困報道”炎上” 改めて考える貧困と格差」そして「犠牲の累進性」

想像力の無いネオリベ犠牲の累進性を強化しているようですが、すべての貧困バッシングはとどのつまりは貧困者に向かって「黙れ」と言っていることであります。

東大教授の本田由紀氏(社会保障専門)がわかりやすくこういう現象を説明してくれています。

 

貧困者は黙ってはいけません。貧困である限り、国や世界に対して「なんとかしろ」と怒鳴る権利があるのです。貧困は構造的な問題であって、個人の責任ではありません。

  

貧困女子高校生に向かって、「もっと爪に火をともすような節約・貯金をすれば50万円くらい貯められる。それをやらないで進学ができないのはおまえが悪い」というのは「犠牲の累進性」であります。 

高校生に向かって、趣味に金を突っ込むのなら学費を貯めろ…って「何を言っているのか」の世界です。学費がトータルでどのくらいかかるかを想像することができれば、セカンドベスト感はありますが、進学をあきらめるかわりに周囲の子と同じように遊びに金を遣ったとしても変ではないでしょう。

自力で節約してアート系の上級学校に進むような子はいません。そういう環境の出は入学してもやめるでしょう。

女子高生は醒めているのです。現実に対して。自力でなんとかなる部分は限定的なもので、うちは周囲の子と環境が違う、相対的貧困なんだから、上級学校へは行けない。努力してもなんともならないものは仕方がない。だったら今を楽しむ。これのどこが悪いのでしょう。

もっと言えば、同じ学校にだって、趣味にも服にも金を遣って、なおかつ専門学校ではなく、もっと金のかかる美術大学へ行くのに、親が即金でぽんと金を払ってくれる家の子が山ほどいるのです。 そういうセレブ階層だけが“絵を描く仕事”に就ける国って、なんかまったく夢も希望もないと思いますけどね。

犠牲の累進性を強化しているネオリベに対しては、「あなたは日本を夢も希望もない不公平な国にしたいのか?子供が自分のやりたい進路を選べなくてどんな夢があるのか?」と聞きたい。

「趣味に金を遣える、1000円のランチが食べられるのだから貧困ではない」という意見もあるようですが、わたし自身もここ10年以上、生活保護費以下の生活費で暮らしていますが、kindle本はよく買っているし、趣味にも金遣うし、旅行行くし、1000円以上の外食だってします。それでもやっぱり年トータルで見ると相対的貧困レベルの生活費なんですよ。