反骨と異端

アウトローは文化だ

年金は破綻しません。現役世代の負担が激増するだけ。

老後の生活の不安に対して個人として対峙しなくてはいけなくなった(これまでは日本は全部国が面倒を見ていた。日本の社会保障政策は老後対策については世界一恵まれていた)→若い人ほど先行き不透明感が強い→必死でお金を貯めこもうとする→だから政府がいくらばらまいても貯金ばかりする→若い人ほどお金を遣わない傾向が強くなって、景気が回復しない→若い人は“現実的な努力とは「貯金」だ”と思いこんでいるので、長期的な自己投資をしなくなる→中高年になったときに人材価値が無くなる→中高年非正規増加→かといってパイが小さくなっているので分かち合おうにも分かち合えない→日銀が緩和しすぎで年金基金の純資産も縮小する→年金受給額さらに減少→NHKが必死で啓蒙したにも関わらず老後破産組増加 

…みたいな、若い頃、貯金・貯金・節約・節約一辺倒になってしまうと、中高年になってから「売れる何かが無い人」になってしまいそうな気もします。MSCIkokusaiに投資するのもいいですが、何より優先すべきは自分自身の「人的資本」への投資になるでしょう。それにしてもこのまま自民政権が続けば本当に「国営 安楽死施設」をつくらないとどうしようもなくなるな。