読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反骨と異端

やどかりアウトロー編

老後に必要な預貯金2875万円

news.livedoor.com

京都中央信用金庫京都市下京区)が発表した「豊かな人生を考える」調査結果によると、老後に必要な預貯金は平均2875万円で、前年調査から312万円減ったことが分かった。

一方、株式などの金融商品で資金運用する回答が4年連続で増加。老後資金の備えも、金利低迷などを背景に“貯蓄から投資へ”と考える世帯も増えている様子がうかがえる。

本人または配偶者が退職した世帯の1カ月の生活費は平均22万円で、昨年より2万円減少。

(略)

このほか、老後の豊かな人生を送るために「準備している」と回答したのは全体の61.2%(前年59.5%)にのぼり、初めて6割の大台を突破。具体的には(1)預貯金(45.3%)(2)健康・体力づくり(21.3%)(3)趣味の充実(15.4%)-の順で多かった。

 

…というニュースが出ていました。

「老後に必要な預貯金」ですが確かに年金や国保が現状ベースなら3000万弱で何とかなりそうですが、年金は現状の3割カットされて、国保が倒れたらその倍々ゲームになったりするのかな、でも60歳から65歳時点で3000万円以上の預貯金なんて、現状でもすべての世帯が用意できそうだとはとても言えないしな…と思ったのでした。