読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反骨と異端

やどかりアウトロー編

意識高い系がうざい理由とは?

ひとりごと

意識高い系はうざい人が多い?
意識高い系とは実際の学歴・学力・地頭は大したことがないことが多いのに、実力以上に自分を知的・最先端に見せかけようとしてあれこれ演出をしたがる人たちという意味でしょう。ネットで生まれた俗語ですが瞬く間に普及したところから、世の中には相当数の“意識高い系”の男女が存在しているようです。

意識高い系の男女は「他人よりも流行に敏感で先端っぽいことを言っている(やっている)」のが存在理由と化しているので確かにうざいです。SNSを駆使したセルフブランディング、自分磨き、自己啓発、人脈づくり…そうした活動をすることはいいのですが、意識高い系の男女は自分がやっていることを喧伝したがる・自分を大きく見せたがるのが問題なのです。家で仕事すればいいのに、わざわざカフェにノートパソコンを持ってきて作業するのが好き等、つねに他人の目を意識しています。

 

意識高い系の特徴とは?
意識高い系の男女は自己アピールに夢中で、周囲を偉そうに論評するわりには、仕事がおざなりとかマナー悪いとか、社会人として基本的なことができていない人が多いという指摘もあります。こうした男女が目立つから、“意識高い系はうざい”という定評ができるのでしょう。

インターネット上なら容姿・雰囲気を確認できないので、こうした問題がある意識高い系がキャリアを盛った上で、縦横無尽に振舞うのは簡単です。ですからネットでだけ威張っている意識高い系も多数存在します。“それ経歴詐称すれすれじゃない?”と言いたくなるくらい、プロフィールやキャリアを「盛る」のも意識高い系男女によく見られます。他人に見られることが大好きで、質問が長く、ソーシャルメディアでちょっと変わった“意識高い”質問や発言をしています。

 

意識高い系は他人を見下すからうざい
意識高い系の男女は往々にして他人・周囲・環境を見下したような発言をします。これが意識高い系がうざいと言われる最大の理由かもしれません。

そもそも彼らは特別に期待されてもいないのにやたらと前のめりの学生生活を送る人が多い。あくまで「一流企業に入るための学生生活」になっているので、“意識低い系”と言いますか、就職に対してノンポリな男女などには容赦がありません。異業種交流会にも学生時代から積極的に参加して、人脈をやたら自慢する傾向も。意識高い系であることは本当は良いことのような気もしますが、いわゆる「意識高い系」は、「実力が足りないから意識だけ高いように周囲に見せかけている人」が多いので、彼らと一緒にいるとうざいとか疲れるのはこのあたりが原因でしょう。成長途上の人と呼べます。

 

意識高い系は仕事ができないからうざい
意識高い系」とは今では陰口なのでしょうか?「意識高い系」イコール「仕事が出来ない人」という意味でも用いるようです。目の前の勉強・仕事を全力を傾けてやっていれば、実力などめきめきついてくるものですが、意識高い系の人は勉強・仕事するよりはSNSの更新を始めてしまう人種なので、実力を培うという努力ができないようです。SNSでは友達が多い点を自慢したがり、特に有名人と接触したことがある等アッピールをします。愛されているフリ、必要とされているフリ、切れる人材のフリ…意識高い系はフリばかりなのでそれが「うざい」という人も。それから意識高い系は「言い訳が多い」人たちです。自分が仕事等でミスをしても、決して自分の非を認めず言い訳ばかりするので職場の人たちも内心あきれていて信頼関係が築けていません。