読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反骨と異端

やどかりアウトロー編

一生働かなくても生活できるお金を手に入れたら何をする?

「在宅で仕事を続ける」と思いますね、わたしの場合は。

1日10時間も働くと倒れそうだから嫌ですが、それでも自分の体力、能力で可能な限り仕事をとって働くと思います。

仕事していないと退屈じゃないですか。仕事が一番刺激的なんだよな実際。

ありとあらゆる環境で、職場がもっとも技術の進んだ場所なんですよ。IT関連機器のみならず、文具とか、いろんな面で。だから男女ともに労働に参加していないとすぐに世の中に置いてきぼりにされるのではないか…という恐怖は常にありますね。

マックスウェーバーじゃないけど、働くことで男女ともに自分の存在に自律的な価値を与えることができるとかなんとか書いていたのがぼんやり記憶に残っています。労働に参加している、労働に参加できる…というのは人生でもっとも素晴らしいことなのですぞ。 

でも人間関係が苦痛だとか、通勤で毎日3時間も搾取されるのは嫌だとか、働いても働いてもワープアだとか、労働と金銭と人間をめぐる問題はキリがないけどね~。

もしも「必死で働いていたのに、無能扱いされて首になった」という目に遭ったら…しばらく働きたくなくなるかもしれない。でも別のことはしているだろうか、自営っぽく占い師やったり、ネットショップやっていたりすると思うから労働には参加しているよね。

 

zasshi.news.yahoo.co.jp