読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反骨と異端

やどかりアウトロー編

「プロ株主」のすすめ

投資ブログっぽい話題です。

www.news-postseven.com

 

企業と株主が直接対峙する株主総会は、大きな変貌を遂げた。1981年の商法改正で総会屋への利益供与が禁止されると、総会屋の力は徐々に削がれていくかに見えた。商法改正後、利益供与罪の適用第1号として逮捕者を出したのが1984年の「伊勢丹事件」である。現在に至るまで30年余りの「株主総会激動の時代」の幕開けだ。

 

同年6月、東京地検特捜部により、伊勢丹の秘書室長(当時)と“日本最大の総会屋グループ”と呼ばれた「論談同友会」会長の正木龍樹ほかメンバー5人が商法違反(利益供与罪)で東京簡裁に略式起訴された。

 

株主総会の1か月前、伊勢丹幹部から5万円相当の商品券を受け取ったことが利益供与に当たるとされた。

同事件を契機に、当局の摘発は続いた。多くの総会屋が引退する一方で、生き残りを図る総会屋がより活発に活動するようになった。“伝説の総会屋”と呼ばれた小池隆一氏が振り返る。

「この法改正により、株主総会の雰囲気がガラリと変わった。与党総会屋の多くが引退を余儀なくされた結果、株主総会が荒れていった。それまでの企業を綿密に調べ上げて理詰めで経営陣を攻め立てる手法から、ヤジや怒号で総会を混乱させて長時間のマラソン総会へと持ち込むのが流行りとなった。これに手を焼いた企業側は、一度は法改正を機に総会屋への利益供与をやめたものの、前より巧妙な形で復活させるのです」

 

株主総会行ったこと無いですが(交通費かけてまで行く必要ないと思う)行くとお土産がもらえるのがいいですね。“総会屋”という言葉は知っていました。“プロ株主”とか“プロ市民”とか、「プロ」がつくとなぜか暴力性を帯びますね。

 

現役の総会屋で、最盛期に150人を擁した「小峰グループ」の一員だった竹之内昌虎氏もこういう。

「総会屋がおらんようになって株主総会は緊張感がなくなった。今年、ワシは東芝株主総会に出て、室町正志社長と対峙した。粉飾決算など一連の不祥事について、室町社長が“司法の判断に従う”と言ったから、“それなら拘置所に行くこともあるんか。差し入れに行くけえの”と言ってやった。ワシのように本気で怒って声を上げる“プロ株主”がいてもええんやないか」

(※週刊ポスト2016年7月15日号)

 

2年くらい前、直販投信会社の偉い人、渋○さん(といえば個人投資家はピンとくるだろうと思われる)の講演を聞きに行った時に、彼が

「長期草食投資を考えて投資信託を買う投資家と、株主総会にやってくるような投資家とはタイプが違う。どちらも同じ“個人投資家”ではあるが、人間の出来はまったく違うのだから、一部の株主総会のように参加者のマナーが悪すぎて辟易するようなこともなく、長期投資家と直販投信会社はこれまでの日本の投資環境には無かった良い関係が築ける」と力説していた記憶があります(発言の詳細は上の文章のとおりではありません)。

 

その“超マナーが悪い株主総会”とか、いわゆる“総会屋”がやってきて怒号するような株主総会も、ブログネタのために1回参加してみたい気もします。

おとなしく座って聞いていて、どっちかというとマナー悪い系のほうがセミナーは面白いかもしれません。

株主総会に参加したいのだけど、田舎に住んでいるから東京で行われることが多くて行けない。今度は地元企業の株にしよう。