反骨と異端

アウトローは文化だ

スカイプ英会話はじめました~その衝撃的な価格設定

ここしばらくは翻訳仕事が増えてきたやどかりさんですが、ウェブ辞書として名高いウェブリオWeblio辞書がやっている「ウェブリオWeblio英会話」に入ってスカイプ英会話をはじめました。これがすごい。

スカイプ英会話の「毎日1回英会話コース」に3600円(月額)、今朝1回体験やって、すぐに加入してしまいました。1日1回25分だけ英会話できます。休んだら翌日に繰り越しできないそうです。う~む。日本とフィリピンは1時間くらい時差があるらしいです。フィリピン人は英語うまいな。小学校から習うって言っていたな。会話早いし流暢。

eikaiwa.weblio.jp

「ウェブリオWeblio英会話」は、当日に自分の都合のよい時間帯で予約できるのは大きな魅力でしょう。使わないと英語は錆びる。英語は「毎日」やるのが最も力がつく。もう留学なんかせんでいいな。 

25分間、マンツーマンでフィリピン人と英語だけで会話せざるをえない状況…って結構、大変なものがあったぞ。本日無料体験だったのですが(誰でも無料で25分間、スカイプ英会話できます)25分間でもフィリピン人の女性教師相手に英語をしゃべくりまくって消耗した感じがありました。 

英会話とは直接関係がないけど、「日本に住んでいる65歳以上の単身のお年寄りは、2週間くらい誰とも口をきかない人が過半数くらいいる」という話を前にニュースで聞いたことがあります。わたしもそういう老人にならないとも限りません。英語がある程度分かる人なら、「寂しさ対策」に、スカイプ英会話は実にいいと思います。ウェブリオだけではなくあちこちでスカイプ英会話学校はあります。

日本人の英語はこの先ますますフィリピン化していくことでしょう。

でも衝撃の価格設定ですよね…毎日マンツーマンレッスン25分で、月謝が3600円ですからね。欧米人や日本人教師ならこういう価格設定は不可能でしょうけど、この先フィリピンとかでも物価や労働者賃金が上がれば、ユニクロと同じでさらに安い労働者賃金を求めて、インド英語とかアフリカ英語に変化するのかもしれません。