読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反骨と異端

やどかりアウトロー編

ブログの書き方とか方向性について悩む人

セミリタやインデックス投資の新着記事を見ていると、「ブログの方向性について」とか「ブログに何を書くべきか迷っています」というタイトルのエントリがちらほら。

わたしはブログを書き始めて7~8年くらい経つのですが、悩みませんね、そういうことではもう。

ブログって結局、その時自分が一番書きたいことを書くのが正解。ブログは文章の活け造りだから、何か浮かんだらその場で料理。

でも自分が書きたいことを把握するのが結構むずかしい。

趣旨を決めてその範疇で書く人もいれば、わたしみたいに自由連想型で書く人もいる。

「このブログは節約と貯金とインデックス積立のブログなんだから、それ以外のエントリは書かない」とか決めると、書きたいテーマが頭に浮かんでもそれを無視するか、別のところに書くような話になり効率が悪いです。

もっと効率が悪いのは、「稼ぐブログじゃないとダメ」と決めつけて、SEOだのなんだの意識しすぎて、窮屈なスタイルになっているというパターン。

「ブログ始めて3か月経ったけど、全然稼げないのでやめます」という人。

「ブログ始めて3000記事書いたけど、全然アクセス無いのでやめます」というのならまだ分かるけど、ブログはじめて1年以内ってまだまだ若葉マークじゃないですか。Twitterとは異なり、ブログエントリは個人の資産なんだから、きちんと書き続ければ何かが自分に残る。

「ついにこのブログも閲覧者○○万人突破」とか、私自身は考えたこともないし、そもそもアクセスカウントなんて会社によって数字が異なるから意味ないですし。