読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反骨と異端

やどかりアウトロー編

カジノ法案に賛成する理由

ひとりごと

www.yutorism.jp

 ①東京には海外からやってきた大富豪(アラブの石油王みたいなイメージの人)が遊ぶところが無い。

加藤茶ダウンタウンの番組にゲストで呼ばれていた時に「ラスベガスで一晩に7000万円すった」と言ったら、はまちゃんに「アホやあんた」とか言われていた記憶がありますが、あれはラスベガスだからできる遊びで、東京都内に合法で大金持ちが7000万円遣える遊び場がありますか?という話です。地球上の大富豪が「東京に一度は遊びに行きたい」と思っているのに、パチンコ屋に連れていくわけに行かないでしょう。

カジノ法案に反対している記事の大半が“ギャンブル依存症”をあげるけれども、一般ピープルが入れないようなプレステージなカジノをつくればいいだけの話。それよりも、外国から「一晩で1億円すってもいい」というような超セレブが実際に来たときに、連れて行く場所が無いのは東京は致命的。

 

②日本人の利用は制限すればよい。

“カジノなんか作ったら治安が悪くなる”説もありますが、日本人の利用を制限すればいい。東南アジアの公営カジノは自国民は入れないですよ。

 

③現状で日本はパチンコ屋や競馬、競輪、違法なオンラインカジノなどギャンブル場は多いのだから、なぜ金持ち向けの合法カジノだけが差別されるのか分からない。

日本はすでにギャンブル大国なのだから、なぜに公営カジノだけが差別・敵視されるのかさっぱり分かりません。

 

東京オリンピックまでに「外国人がお金を落としていくスポット」を増設することは一定以上の合理性がある。

ましてや東京オリンピックもあるし、地球上から大富豪を東京に集めて、お金を落としてもらう絶好のチャンスです。東京都と国が公営カジノを作らなければ、違法な店から違法な掛け金や胴元の収益金が東京から海外に向けて流れていくだけです。