読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反骨と異端

やどかりアウトロー編

「1円ライター」の次は「1円翻訳者」の誕生

翻訳とか英語について

次々に新しい職種を生み出しているクラウドソーシングなる新しい働きかた(=搾取装置)ですけれども、はてな匿名ダイヤリー界隈では既に「どーも、1円ライターです」と自己紹介するのが一種のブームになっている感ありますが、バカにしているわけでもなんでもなく、クラウドソーシング界隈ではいまだに1文字0.3円くらいの案件が多いのだから、1文字1円は高待遇だろうと本気で思うのですが; 

「1円ライター」なら自分でオリジナルの文章をたたたたと書いて、早い人なら1時間で3000文字くらいいくだろうから、時給1500~2000円くらいの手取りを狙って大量にぱくり文章を作ってチャットワークで納品という。

炎上して問題になったからチャットワークで私がフォローしていたサーキュレーションメディアのいくつかは潰れちゃって、それでも大手クラウドソーシングは数十人の「1円ライター」に数十本のキーワードを割り振って、やっぱりサーキュレーションやっています。 

 

ライターの次には「1円翻訳者」なる新しい職種が生まれそうです。しかしこれは1ワード1円ですから、1円ライターよりも価格破壊的な意味合いが強い、新職種です。

翻訳のバイトの原価というのは、和訳であれば「英文1ワードで〇円」という風に決まっていることが多いのですが、1ワードとは英単語ですから、5文字以上の単語もあります当然。そうなると「1円クラウド翻訳者」の場合は、従来の翻訳料の相場を完全に破壊しているわけですが;

私のところにも英訳仕事で、「和文9000文字を英訳して1000円」というありえない翻訳料のオファーがきてさすがに断ったのですが、こうしたオファーを断ると、その翻訳会社からは二度とオファーがこないと決まっているので、真面目な翻訳者希望の方は泣く泣くやってます。

さらに翻訳者泣かせなのが、「オール人力翻訳」にこだわる発注者が非常に多いこと。安い翻訳者を使いたがる発注者に限って「Google翻訳使用禁止」とか、ブラック条件を押し付けてくるので辟易しています。