反骨と異端

アウトローは文化だ

警察VS暴力団描く『孤狼の血』白石和彌監督 役所広司&松坂桃李が刑事役 

www.cinra.net

www.hochi.co.jp

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島県呉市を舞台に、警察内部の対立と暴力団同士の抗争との交錯を描いた作品。同じく呉市を舞台とした傑作「仁義なき戦い」の世界観と警察小説の魅力を融合させたとして文壇で絶賛を浴びた柚月裕子氏の原作小説を「仁義―」を生んだ東映が映画化する。

 昭和63年ごろの広島県呉市…って普通に無風地帯じゃなかったかという気がしないでもありませんが、地方都市なら広島よりも福岡のほうが“ヤクザと抗争”っていうイメージが強いんですが、そういう実態はともかく映画化されるようです。