読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反骨と異端

やどかりアウトロー編

新組織は「組長空席」「平等、支え合い」標榜 暴力団指定免れる形態に?

 

www.sankei.com

暴力団対策に詳しい別所司弁護士は、代表者が「対外的に意思表示する機関に過ぎない」といった場合や、組織形態が「構成員が平等で相互に支え合う互助会的、組合的」であれば構成要件を満たすかどうかの判断は難しいと指摘する。

 さらに別所弁護士によると、暴対法上の「使用者責任」に影響が出る可能性もあるという。同法では、対立抗争事件などが原因の損害賠償義務が生じれば、実行犯だけでなく組長らトップにも責任が及ぶと規定されている。使用者責任の適用には組織の末端まで直接指揮監督できる地位にあることが必要とされ、新組織が「組合的、互助会的」と認定せざるを得ない場合、使用者責任も問えない可能性があるという。

www.sankei.com

www.jiji.com