反骨と異端

アウトローは文化だ

暴力団一掃へ「特暴隊」発足 県警、500人態勢

www.kobe-np.co.jp

兵庫県警が歓楽街からの暴力団一掃に向け緊急対策本部を設け、実働部隊として約500人態勢の「歓楽街特別暴力団対策隊」(特暴隊)を発足させることが29日、関係者への取材で分かった。いずれも指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)と神戸山口組(本拠地・淡路市)との抗争状態、神戸山口組からの離脱騒動などに絡み、市民が巻き込まれるのを未然に防ぐ。立ち入り調査や取り締まりを集中的に実施。1992年の暴力団対策法施行時以降、最大規模のキャンペーンを展開するという。

関係者によると、緊急対策本部は、刑事部参事官(犯罪抑止対策統括官)をトップに生活安全、交通、警備など全部署が参画。特暴隊については、組織犯罪対策局と地域部所属の直轄警ら隊で編成し、近く辞令を交付する。

2015年8月の山口組分裂騒動直後、神戸・三宮の歓楽街では山口組と神戸山口組の組員による衝突トラブルが相次いだ。

今年4月には神戸山口組から複数の直系組長が離脱し「任●(にんきょう)団体山口組」結成を表明。いずれも神戸山口組の直系団体で「山健組」(神戸市中央区)と「古川組」(尼崎市)ではそれぞれ勢力が二分される状態になり、神戸、尼崎市の繁華街では、資金獲得などをめぐり衝突する可能性が高まっているという。こうした状況から、県警は、歓楽街での暴力団排除について総力を挙げて取り組むことにした。

県警による暴力団排除のキャンペーンではこれまで、64年からの暴力団全国一斉取り締まり(頂上作戦)で神戸港の荷役などからの一掃に取り組んだ。92年の暴対法施行時には、暴排運動の推進などに向けて特別態勢を組み、特暴隊を発足。今回の実働部隊の名称もこれにちなんだ。このほか、県警は商業地域への事務所新設を禁じた「県暴力団排除条例」の改正にも着手しており、8月1日施行を目指している。

 

「特暴隊」というネーミングはちょっと面白いですね。