反骨と異端

アウトローは文化だ

異例の逮捕、三つどもえの抗争「トップ不在で暴力団の活動抑制」 兵庫県警


暴力団の実態に詳しいジャーナリストの溝口敦さんの話〉 組長である井上容疑者の逮捕で神戸山口組にはかなりの打撃になり、組織の存続にかかわる可能性がある。神戸山口組の中核は山健組で、そのトップも井上容疑者だ。神戸山口組から離脱した組員が4月末、「任俠(にんきょう)団体 山口組」を結成し、山健組も3分の1以上が新組織に移ったとみられる。今後、さらに組織の弱体化が進むだろう。三つの組織とも、抗争による「手入れ」を避けたいので一触即発の状態ではなかった。警察当局は暴力団全体の弱体化を狙って取り締まりを強化していた。

digital.asahi.com

www.imanishinoriyuki.jp

 

headlines.yahoo.co.jp

www.sankei.com