反骨と異端

アウトローは文化だ

ヤクザの“存亡”が問われる~毎日フォーラム・牧太郎の信じよう!復活ニッポン

気合いの入った記事が毎日新聞に載っていたのでメモ。

「代紋」をご存知だろうか? ヤクザ社会の世界の「家紋」のようなもので、組織の大小を問わず、全国の暴力団のほとんどが、組織の統制と団結のシンボルとして、独自の「代紋」を持っている。「代紋」という慣習が定着したのは明治時代初期。他の組織と識別するのが主たる目的だった。関東と関西では「代紋の決まり」が幾分、違っていた。関東では先代親分の「代紋」はあくまでも先代限り。新しく親分になると、新しい「代紋」を掲げる。他方、関西では、跡目相続者が組織とともに「代紋」を引き継ぐ。…(以下続く)