反骨と異端

アウトローは文化だ

司親分に言うことが似てきた

ブロゴスといえば小林よしのり氏ですけど;

blogos.com

共謀罪」法が、いまは対象者が「組織犯罪に関わり得る人間」や、確率的に低いが「テロリスト」だけであり、一般の人には無関係と説明されるが、いつ歯止めのない拡大解釈が起こるか分からないというのが、歴史に学んだ真っ当な感覚だ。

 

そういう指摘はどこかで読んだことがあるような…?!と思っていたら、司親分が6年前に同じようなことを産経でしゃべっていた。さすが親分。