反骨と異端

アウトローは文化だ

「ブラック見せないのがヤクザ」 136万人が教室受講

www.asahi.com

少年をヤクザにしないため、福岡県警が手がける「暴排教室」は今年度、7年目に入った。教員免許を持つ臨時職員の暴排先生が中学や高校に出向き、ヤクザの実態を解説。危険性を認識してもらう取り組みだ。7月末までに延べ約136万人が受講した。

nikkan-spa.jp

「今の時代、ヤクザ相手でも一般的なやり方、つまり正攻法で十分通用するんですよ。戦う前には管轄の警察に一報入れておくといった一手間は必須です。一報を入れておけば、揉めた際に速やかに警察は動いてくれます」

news.tv-asahi.co.jp

www.asahi.com