反骨と異端

アウトローは文化だ

文学的すぎる

 

「 触れる物すべてを土に変えてしまう暗愚の首相」という長い言い回しであるが、文学的にすぎると思ふ。たぐまざるところで純文学ちっくな言い回しがぽろりと出てしまうのが文章の抑揚を盛り上げているのが特徴的である。別にどうでもいいけど。