反骨と異端

アウトローは文化だ

『ザ・ファブル』が面白い! 最強の殺し屋が挑む、絶対殺しちゃいけない日常生活

kai-you.net

リアルな生活感と生々しい暴力。

相反する2つの要素が、不思議なリズム感で調和している、今絶好調の漫画がある。

南勝久が『週間ヤングマガジン』で連載中の、『ザ・ファブル』がそれだ。先日、第41回 講談社漫画賞 一般部門を受賞したことでも知られる話題作である。

 

主人公は「ファブル(寓話)」の異名で知られる天才的な殺し屋。とにかく圧倒的に強い彼は、「殺しすぎたから一旦潜れ」という組織のボスの命令で、補佐役の女とともに大阪の暴力団・真黒組(マグロぐみ)の世話になりつつ、1年の間誰も殺さずに一般人として生活することになる。佐藤明と佐藤洋子の兄妹という設定で、真黒組の用意した部屋に住むことになった彼らの日常を追う、という話である。

 

しかしファブルはもともと裏社会の人間であり、幼少期から訓練を重ねてきた伝説的な殺し屋だ。その暴力の匂いに惹かれてか、身の回りで様々なトラブルが発生する。

 

ファブルの存在を疑う真黒組の若頭、出所したての跳ねっ返りなヤクザ、伝説の殺し屋に憧れる若手ヤクザ、同業者の殺し屋、興信所を騙った組織犯罪者、野生のクマなどなどが繰り広げるトラブルを避けたり介入したりしながら、果たしてファブルは1年間誰も殺さず無事に生活することができるのか。

面白そうだな~この漫画。