反骨と異端

アウトローは文化だ

『仁義なき戦い』京都製の広島

www.zakzak.co.jp

究極のリアリズムともいうべき『仁義なき戦い』の乱闘シーンは、なんとラグビーの試合を参考にした。自ら手本を見せたので撮影中に足を2回骨折するほどだった。

これって↑、日大のアメフトの悪質タックルとかぶるんですが、やっぱりラグビーとかアメフトってラフプレー上等ですよね。