反骨と異端

アウトローは文化だ

悪歌

悪歌が出版社の都合で4巻で打ち切りと聞いて仰天。な、なんで?とても面白かったから(世間知らずの私の脳内では)世間の男女は悪歌フィーバーが起こっているものだ、みんな読んでいるものだ…と思っていたが、なんで打ち切りやねん?

3巻の終わりかたが不穏で、あのまま堀@『相棒』のいたみんがモデルか?がシガネ先生に会ってしまうと、悪魔がいたみんに憑依するのではないだろうかと気になった。あれをあと1冊で完結させるなんで、誰でも無理だろ~。

漫画家が地味だから、悪魔も地味でなんで道警のような地味な最果ての役所に限定して憑りついているんだろうか。

悪魔なんだから最強で、エクソシストもあっさり殺されてしまったし、どうやって完結する気なんだろうと。1巻の頃と、3巻では明らかに漫画家の話の構想が変わってきているようにも思う。