反骨と異端

アウトローは文化だ

星の王子さま

あのキツネが淡々と語るところがあの小説の最大の読ませどころだと気がついたのは40歳を過ぎてからだった。はじめて手にとったのは小2だったけどな。

 

ちいさな王子 (光文社古典新訳文庫)