反骨と異端

アウトローは文化だ

性的虐待を引き起こす前提となる条件について

blogos.com

キリスト教は同性愛を絶対的に禁じていた時代が長かった。だからキリスト教圏では同性愛が逆に(実際以上に)ドラマチックに盛り上がる「愛のかたち」になってしまって、ドラマチックな恋愛、命を賭けた恋…は小説になりやすいから、ジャン・ジュネとかああいう作家が生まれた。優れた文化が生まれることで、ますます同性愛は淫靡に盛り上がることになった。それにはキリスト教圏であるという前提が必須だった。性的虐待も同性愛と地続きにある…というと、LGBTからこちらが攻撃されるのだろうが、なぜに同性愛者が小児性愛者を差別するのかと逆に聞きたい。

 

考えてみると日本は歴史的に同性愛に寛大・寛容だったのに、ジャン・ジュネみたいな作家が1人も生まれなかった(例外的に三島由紀夫がいるが、彼は同性愛者に対する社会的弾圧と「闘った」人ではなく、むしろ面白がっていた方だった)

紅白で美輪明宏が出てくるような国だから、同性愛に関しては欧米人が驚愕するほど寛容だと言ってもよい。「逆境」が存在しないと、ドラマチックな恋愛は生まれないものなので、日本のLGBT運動は盛り上がらない。ああいう連中ってほとんどバイセクシャルでしょ。

しかし日本においても、小児性愛は絶対的タブーに近いので(犯罪)、タブーを犯すことは抗いがたい快感がつきまとい、ある種の人は法を犯して本当にやっちゃう。日本の場合は、弱い者に泣き寝入りを強いる文化が強烈なので、警察が把握しているより、小児に対する性的虐待は多いだろうと思う。