反骨と異端

アウトローは文化だ

アルコール依存症になるか・ならないかは、遺伝的な要素が強い。

www3.nhk.or.jp

アルコール依存症になるか・ならないかは、遺伝的な要素が強い。

親がアルコール依存だと、(苦労させられたはずの)その子供もアルコール依存になっていたりするが、遺伝因子が強いからである。

アルコール依存症は、遺伝病であり、進行性の精神障害であり、そういう診断名がついた時点でもはや治癒できる見込みは(医学的に)絶望的であり、患者の平均寿命は52歳である…という基本的な事実を周知したほうがよかろう。