反骨と異端

アウトローは文化だ

アンセル・エルゴートが日本を舞台にしたTVシリーズに主演

読売新聞初の外国人記者となり、94年から20年以上に渡り、日本の暴力団を取材した著者の体験を描く。彼は08年に山口組分裂の契機となった山口組後藤組組長の犯罪を暴露し、一時、警察の保護対象にもなった。
https://screenonline.jp/_ct/17278737

screenonline.jp