反骨と異端

アウトローは文化だ

特別永住者と一般永住者の差別のない社会を目指して #李信恵

 このままだと日本各地の土地を爆買いした中国人と特別永住者制度の上にあぐらをかいて日本の社会保障リソースを湯水のごとく使い倒すコリアンのために、日本人は一生働き続けるようになってしまいます。

良い外国人とは、日本の安全・安心を脅かさない民族、悪い外国人とは、日本を植民地だと考えて略奪にはげむ連中のことです。1000年反日宣言するような大統領がいる国は不可です。

日本の国益に貢献できない外国人は、社会保障リソースを食い潰すだけの存在。早急に祖国にお引き取り願う必要がある。

なぜ一部の在日外国人だけが、特別永住制度という特権的な立場にあり、世襲制在留資格がとれるのか?これが民族差別でなくて一体なんなのか?

特別永住者在日コリアンが、生活保護を受けていたり、国保でがん治療しているのを見ると、正直「?」である。そういう福祉的給付を受けたければ、まず祖国へ帰るべきで、移住先の政府を頼るのは間違っている。

誰が考えても、在日ニートの煩悩ちゃんなんかより、技能実習制度で日本へやってきて、介護施設や建築現場で働いてるベトナム人のほうが日本の国益に貢献してる。

しかし技能実習生である限り、特別永住制度の韓国人/中国人と同じ待遇は夢のまた夢。

これが民族差別でなくて何なのか!!と怒ってるわけです。

しかし、在日コリアンは、こうした「差別」については見て見ぬふりをします。コリアンにとって関心ごとは自分たちの利権だけです。日本人からどれだけ金と利権を引っ張るかが大事なのだから、ベトナム人なんかどうでもいいのです。