反骨と異端

アウトローは文化だ

カウンターをしばき隊 #山口裕二郎 #0510朝大前愛国街宣

デモを実行するには行政の許可が必要であり、いったん行政の許可が下りたデモ(朝大前デモもそうでしょう)を阻止しようとしたカウンターのように、暴力的・集団的・威嚇的な手段によってやめさせようとするのは明らかに民主主義の原則から逸脱します。

 

弁護士の猪野 亨氏が、カウンターの暴力性・無法性について、考えを述べています。
決してネトウヨと呼べない、プロの法律家から見ても、今のカウンターの行為は違和感があるのです。

反ヘイトに名を借りた「正義」の恐ろしさ
警察権力と一体」となったカウンターデモ 再度の検証②
両極端が蔓延するネット(ツイッター)社会 批判を許さない正義の暴走

もともと「在特会もカウンターも似たり寄ったり」と指摘をしたのは朝日新聞だったようです。

#山口裕二郎氏はこの点についてはいかがお考えでしょうか?

f:id:ubiquitous2011:20200511141228j:plain

#山口裕二郎氏「だったらヘイト街宣を止めてみろ」とは誰に向けて言ってるのでしょうか?#山口裕二郎氏が地方裁判所からデモの許可を出した行政を訴えて、デモを中止させることは法的に可能かもしれません。そういう然るべき法的な手段を踏まないで、「#0510朝大前デモのカウンター」のように大人数で集合して、10人のデモ隊を「潰す」とは、それ自体が全体主義的・暴力的・非民主主義的な臭いがします。

 #0510朝大前デモですが、警察隊が出てきて直接、デモを中止させようとしなかった…というのは、行政の許可を得ているのでしょう。

#山口裕二郎さん、なぜ行政に直接出向かないのですか?当方には、理由がわかりません。行政に訴えても、却下されるからですか?

じゃ、カウンターがやっていることは、単なる言論の弾圧じゃないですか。正義じゃない、悪だよ。カウンターよ、恥を知りなさい。

傷つけられるマイノリティ」とありますが、誰のことでしょうか?日本の子どもは、北朝鮮によるミサイル映像やニュースを見て、恐怖で涙ぐんでいます。子どもの心は、核兵器を使用して威嚇してくる北朝鮮によって深く傷ついています。北朝鮮のミサイルが打ち上げれて真っすぐに空に向かって飛んでいく映像を、いまの日本の子どもは何度も何度も見せられるのです。あれは子どもたちにとって絶望的な体験です。こんな国が日本の隣国なのです。

 

差別のないところに差別だ差別だと言いたがる、在日の人たちによって、日本民族の末裔たちは心に深刻な傷を負っています。さいたま市の朝鮮幼稚園マスク事件がよい例です。差別が存在していないのに、「差別だ」とわめきちらす朝鮮人に対して、デモすらカウンター行為によって阻止しようとするのは違和感ありますね。

 

韓国内でも毎週のように反日デモが繰り広げられていますが、カウンター勢力の話は聞いたことがありません。韓国の反日デモにはカウンターはいるのですか?「反日法」がリニューアルされるらしいですが、殺されたりしないのですか?

 韓国政府は、在韓日本人(4万人)にコロナ見舞金を出しませんが、日本政府は在日韓国人(100万人)に10万円を給付します。こういうことばかりなのに、なぜ日本民族だけがいつもいつも在日から「差別だ」と糾弾されなければいけないのでしょうか?

 

 

 

***

#0510朝大前愛国街宣万歳!