反骨と異端

アウトローは文化だ

韓国人の差別と人権侵害に対する開き直り

日本と韓国は1965年、日韓基本条約を結んだ。そのときに協議した日韓請求権協定に基づき、日本政府は無償3億ドル、有償2億ドルの計5億ドル(当時のレートで約1800億円)を韓国政府に提供している。条文には日韓両国とその国民の財産、権利並びに請求権に関する問題が、完全かつ最終的に解決されたことを確認するとあり、植民地時代の賠償問題はこれで解決したとされた。

*

日本敗戦時には、日本政府が持っていた資産、日本国民の資産をすべて韓国に残して引き上げた。日本が韓国に残した資産は、強制連行の供託資産をはるかに超えると日本政府は請求権交渉の中で反論しています。

赤石晋一郎. 韓国人、韓国を叱る~日韓歴史問題の新証言者たち~(小学館新書)

 「国を挙げての差別と人権侵害に対する開き直り」だとして国際社会から批判を受けているのは韓国であり、日本ではありません。在日韓国人ベトナムの虐殺から逃げ回る限り、今度は日本人が追求することでしょう。

植民地時代の謝罪が欲しいなら、その前に日本が韓国に残した資産を返還してください。あと日韓請求権協定の際に日本が支払った金額も全額返還するべきで、日韓請求権違反なら日韓基本条約違反ですから、在日コリアンはすみやかに祖国に帰国すべきでしょう。

*

 国を挙げての差別と人権侵害に対する開き直り」とはまさに韓国人がやっていることです。

日本軍慰安婦がもらった金額が1000万円(出したのは日本)、ベトナム戦争時の米国慰安婦の韓国人が手にしたのは30~70万円(韓国政府の関与は裁判所も認めている)。米国慰安婦は韓国政府によって、米軍に差し出された女性たちですけど、祖国韓国では酷い差別を受けていて、いまもひどい貧困の中に暮らしています。これを「差別にもとづく不当な支配」というのです。