反骨と異端

アウトローは文化だ

差別ではないものに対して、差別だと訴えているだけ

いくつも論点あるな。

①わが国には人種差別はありませんが、特別永住と一般永住といった、在日外国人を国籍で制度的に区分することはありますから、差別はあるという意見の方もおられますね。<なんで特定の民族だけ在留資格世襲制になってるんだよバカ。

②「朝鮮学校無償化除外」は断じて差別ではありません。そもそも朝鮮学校は正規の学校ではありません。正規の学校ではない学校、たとえば日能研やら東京リーガルマインドやらは学校ではありますが、正規の学校ではありません。無償化対象は正規の学校のみです。「正規の学校」と認められるには条件がいくつかありますが、朝鮮学校はその条件を満たしていませんし、改善の努力もしていません。「あるがままの私、いまの私を愛して~」とか迫ってくるリスカブス、怖いですね。

③「日本に人種差別がないという人は、日本に現に存在する程度のものは人種差別とはみなさないというお立場を表明されてるわけだから、単なる無知ということではなく人種差別賛成派と見るのが正しい。

考え方としては「外交」「国防」が「人権」「平等」より優先されるというもので(日本民族の安全がなにより大事)、相互主義とか保護主義といったキーワードで眺める限り、在日韓国人がよく話題にしている「差別」とは、チマチョゴリ切り裂き自作自演事件とか、慰安婦合意10億円詐欺事件程度のものだと考えております。

学校前ヘイトスピーチなんか可愛いもんだと思うんですよ…いまの日本の子どもたちはJアラートですからね。報ステつけたら、核弾頭を積んだ北朝鮮のミサイルが真っすぐに空に向かって飛んでいく映像がいやがおうでも目に入ってくるし。あれは怖いですよ…朝鮮人は明らかに日本を威嚇するためにミサイル撃ってくるんだから。感受性の強い子供だったら、怖くて泣き出す学童もいます。在日コリアンは日本人だけが悪いと言い続けますが、国際社会の目は朝鮮の方がよほど悪いですよ。