反骨と異端

アウトローは文化だ

安田さん、多民族国家という価値観を押し付けるのはノーサンキューです

 ヘイト評論家の安田浩一氏の記事ですが、いつものことながらなぜこの人の文章は一方的なのだろうと読んでいて疲れました。もう少し中立的な立場からレポートしたほうが、読者の共感を呼ぶのではないですかね?

個人的に在日コリアンを批判するのはなぜか?というと、在日コリアンが日本人に対する嘘・捏造を大量に垂れ流しているからです。彼らの嘘・捏造を放置しておけと言わんばかりの、安田氏の言論は到底受け入れられません。反論や反撃はきっちりやっておかないと、国際社会においては酷い目に遭います。

安田浩一さんのような人にとって、在特会とか桜井誠はわかりやすく叩きやすい相手ですけど、たとえば渡〇哲〇さんとかどうですかね?批判と対象となるべき人物の言葉遣いが洗練されてくると、安田さん的な「ヘイトはいかん、日本人は(在日コリアンがどんな連中でも)あるがままに受け入れなければだめだ」という主張は無効化します。でも桜井誠18万票の理由とは、桜井誠だけを見ていても解説できないでしょうに。

在日コリアンは嘘つきなので、彼らが「怖い」と言っている相手は、本当はあまり怖がっていないと踏んでいます。怖いのはむしろ言葉遣いが洗練されてきている連中と(安田氏のような「言葉狩り左翼」に捕まらないように)、そういう発言を面白がっている不特定多数でしょうねー。

ソーシャルディスタンスを保つこともできない空間に、レイシストが潜んでいるかもしれない、いや、レイシストに囲まれているかもしれないという「恐怖」。
とありますが、これって車内で大声で韓国語を会話していたら睨まれたとか、そういう体験談ですか?具体的に何が怖いんですか?

都知事選を終えた直後から、私は国内外のいくつかのメディアから「18万票」について「なぜ」を問うたうえでのコメントを求められた。
安田氏の記事では触れていないけど『反日種族主義』が40万部売れたことも影響しているでしょう。私くらいの年代だと、親世代から「昔は日本も朝鮮人に酷いことをしていたからね」と聞きながら育ったというのがあったんだけど、『反日種族主義』で、日本は韓国に対して、何ひとつ謝罪することなんかなかったんだ!!、これまで自分がだまされていたことを知った日本人が多い。日本民族の末裔として、日本からの搾取を続けようとする隣国に、怒りを持つことは正当化されたのでした。

それから技能実習生と、特別永住制度の制度格差に対する怒りもあるね。

特別永住者(韓国人/中国人)→正社員

技能実習生(ベトナム人、フィリピン人他)→非正規労働者、日雇い使い捨て

いや、実際は正社員と非正規以上に格差があるか。

在日コリアンはすぐに「自分たち在日コリアンも税金を支払っている。だから朝鮮人学校を無償化して、外国人選挙権をよこせ」って言ってくるんだけど、あれを聞くたびに、〇意が沸くのよね。税金なら技能実習生も支払っていますが、何か?

安田浩一氏的には、日本国内のヘイトを無くすには、法律で押さえつけて、言葉狩りを徹底するしかないというお考えのようだが、私はそういう「力で押さえる」方法は無効化するので、やめたほうがよいと思う。それよりも、特別永住者制度をなくして、在日コリアンの権利も、技能実習生と同じレベルに下げることが、日本からヘイトを消す一番の方法であると信じる。シンガポール型の移民政策を日本でも実施すれば、民族間格差は無くなるし、すっきりと公平・平等になる。

在日コリアンに、日本の公務員や教員になる権利、司法試験受験資格を与えた日本政府は、バカである。おかげで国家の中枢に食い込む在日が増えた。こうなってくると、有事の際に、本当に国家が危機管理能力を発揮できるのかどうかも不知だ。こういう不安を、有権者が感じ取っていて、そういう現状へのアンチテーゼとしての18万票。

しかし、シンガポール型の移民政策を実行しようとすると、今度は在日コリアンの側から「ヘイトがあってもいいから、在日が仕事を選ぶ権利を奪うな」という訴えが出てくるのは確実なので、ま、在日が「ヘイトやだー」って言うのなら、「じゃ、シンガポール型でいこうか」と提案すればいい。